書道家のつらいこと・大変なこと

成功者はほんの一握り

自身の作品が評価され、対価が支払われることはすべての書道家の目標の一つです。作品制作を生業にしたいということは多くの書道家の夢であり、希望であるといってもいいでしょう。

しかし、それを現実のものにしている書道家はごく少数です。多くの書道家は作品制作の傍らで副業に時間を割かなければ生計を立てることができません。

書道家になるために培ったスキルを作品制作以外に教育やデザインなどの現場で使う機会が多いのが現状です。

副業と創作の両立

生計を立てるために副業を持つ書道家が多いのは前述のとおりです。ここで問題になってくるのが作品制作と副業との両立ができるかどうかということです。

たとえば、技術や知識を生かして書道の教員という職業を持った場合、授業以外の業務に多くの時間と労力が割かれます。

さらに教員は週末も部活動や学校行事等で出勤を余儀なくされることが多い職業であるため、作品制作に充てられる時間が大幅に削られることを覚悟しなければなりません。

また依頼者のニーズに合わせた作品を書くことによって対価を得る商業書道家を副業とした場合、自身の持ち味や個性を生かすことができない場合も出てきます。

これは芸術家として苦しいことであるといえるかもしれません。仕事であると強く割り切ることが求められます。

このように副業の存在が書道家としての立場を圧迫することもあり、バランス良く両立することが難しくなる場合も多いのです。

芸術的価値と商業的価値は違う

芸術家として大きな労力を払って書き上げた作品が他者からの理解をまったく得られないことも少なくありません。これは書道家に限らず、芸術活動を行うすべての人が抱える悩みであるといえます。

作品が売れなければ副業を持つ必要が出てきます。生計を立てるのはもちろん、作品制作にかかる費用を捻出する必要があるからです。

ならば売れるような作品を書けばいい、といった簡単な問題でもありません。書道家は己の信念を持って作品制作に励んでいます。売れるためにそれを犠牲にすることは容易ではありません。

せっかくの持ち味や個性を生かすことができないのは芸術家にとって最もつらいことでしょう。

書きたい作品と売れる作品、どちらに価値を置くかはすべての書道家に与えられた永遠の課題であるといえるかもしれません。