女流書道家の活躍

女流書道家の今

女流書道家は、書道家として働く女性のことを意味します。

ひと昔前までは、書道家といえば男性という時代でしたが、男女の垣根がなくなりつつある現在、女性の書道家が増えてきています。

現在は20代〜40代の女流書道家が多く活躍しています。書道教室だけでなく、芸術家として活躍する人もたくさんいます。

書道家は、楷書を書くだけではなく、型にはまらない自由な表現を必要とする場面も多くあります。

音楽に合わせ、観客の前で書道を披露するといった形で、書道を一つの芸術作品として表現する女流書道家も出てきました。

女性の繊細な感覚を活かし、女性ならではの表現力でえがく書道の世界は、書道の世界に新しい色を加える重要な存在となっています。

女流書道家の道

女流書道家になる人は、書道の団体に所属し、その流派の書を極めていくという道を進む人が多くいます。

現在の女流書道家は、小さい時から書道を習い、その道を究めてきた人が多く活躍しており、書道教室を開きながら作品を提供しているという働き方が多く見かけられます。

また、ブログやホームページなどで自分の思いや価値観などを発信し、書道を通して女性としての生き方について言及している書道家も増えています。

女性の感性と生き方を、書道を通して伝えていく人も多いようです。

女流書道家の将来性

書道は日本の伝統文化であり、書道家は、それを世に伝える役割を担っています。

女流書道家は、伝統を引き継ぎ世に貢献する女性の一人として、さまざまな女性誌などで女流書道家が取り上げられるようになっています。

ただ書道をする人としてではなく、輝いて働く女性として取り上げられていることが多いです。

女性が社会に出るようになっている昨今、女性ならではの感性を強みにできる女流書道家の需要はますます高まっていくことでしょう。