歯科助手の給料・年収

歯科助手の給料や年収、待遇は勤務する歯科医院によって違いますが、ここでは平均的な給与や待遇についてご紹介します。

歯科助手の給料

正社員として働く場合、歯科助手の平均的な月収は約17万円〜22万円となっています。

賞与は、年2回でそれぞれ月収の1ヶ月〜2ヶ月程度が相場で、年収にすると250万円〜300万円程度となります。一般事務の平均月収と比較すると少し高めに設定されています。

歯科医院が都心部にあったり、規模の大きな医院だったり、診療補助まで行うような仕事であると、給与は高くなる傾向にあります。

また、歯科助手は、パートやアルバイトで働く人も多いのが特長です。一般的には時給900円〜2000円程度で求人が出ています。

時給だけ見ると賃金に幅のある職業ですが、これは歯科助手や歯科衛生士を目指す学生や出産後に仕事復帰する主婦など、基礎的な歯科に対する知識を持っている人も多いためです。

しかし、歯科助手には資格が必要ないため、もちろん未経験でも働くことはできます。

言い換えれば、経験を積んでいけば昇給が期待できるということにも繋がりますので、歯科助手は向上心のある人に向いている仕事だといえます。

歯科助手の待遇

歯科助手は、歯科医師や歯科衛生士、受付スタッフが一丸となって一人ひとりの患者さんの治療に取り組む必要があり、連携が欠かせない仕事です。

一般企業と比べて少人数で、毎日同じ顔ぶれのスタッフが働いていますので、スタッフ同士のコミュニケーションや職場での円滑な人間関係の構築が必須となってきます。

そのため、ドクターでもあり、経営者でもある歯科医師は、スタッフの入れ代わりが頻繁に起こらないように、歯科助手の待遇も比較的良くしてくれています。

ただし、残業手当や有給休暇の有無や、賞与規定、厚生年金などの福利厚生については、歯科医院によって待遇はそれぞれ異なります。

歯科医院によっては、休日手当、皆勤手当、精勤手当、資格手当、早出手当、目標達成手当、歯科助手手当などが支給される場合もあるので、気になる方は実際に働く前に調べておきましょう。

仕事体験談