歯科助手の仕事内容



歯科助手の仕事とは

歯科医院では治療を行う歯科医師と、歯科医師をサポートする歯科衛生士や歯科助手といったスタッフが働いています。

なかでも歯科助手は、歯科医師と歯科衛生士のサポートを担う職業です。

歯科医院に勤務し、基本的には患者さんの受付や案内などの事務全般をおこないます。

国家資格を持った歯科医師や歯科衛生士とは異なり、患者さんの口の中を直接触れることはできませんが、それ以外の業務内容は多岐に渡ります。

電話対応やカルテの整理、会計、開院準備、院内の清掃といった事務はもちろん、治療に使用する器具の準備や、虫歯に詰めるセメントや歯型を取る印象材を練る作業、バキュームを使った唾液吸引などを担当することもあります。

勤務する歯科医院によって多少仕事内容が変わることがありますが、ここでは代表的な歯科助手の仕事内容をまとめます。

歯科助手の業務の内容

受付・電話応対・予約業務

歯科助手が担う事務的なおもな仕事は、来院した患者さんの受付、カルテの整理、診察台への案内、次回予約、会計、お薬の受け渡し、そして電話応対などがあります。

また、歯科の医療事務として「診療報酬請求業務(レセプト作成)」を担当することもあります。

さらに、歯科技工士に注文した入れ歯や差し歯などの受け取り、宅配便や郵便物の受け取りや院内の清掃なども歯科助手の仕事となります。

歯科助手といっても歯に関する業務だけではなく、こういった仕事もあるということを覚えておきましょう。

歯科医師のサポート業務

歯科助手の治療に関わる仕事内容は、歯科医師の治療をサポートすることです。

治療に必要な器具の準備と歯科医師への受け渡しはもちろんのこと、そのほかにもさまざまな作業があります。

セメントや印象材を練る(練和)

歯科助手は、歯科医師の治療のサポートとして以下のような作業をおこないます。

・患者さんの歯型を取るために必要な印象材(ピンクの粘土のようなもの)練る作業
・歯を削った後につめる詰め物(インレー)やかぶせ(クラウン)を接着するためのセメントを練る作業

印象材やセメントは「ちょうど良い硬さ」で練らなければ上手に歯型が取れなかったり、詰め物が上手くくっつかなかったりします。

そのため、慣れるまでは歯科医師からやり直しを指示されることもしばしばありますが、毎日練っていれば自然とコツを掴めるようになってきます。

石膏注ぎ

歯科医院によっては、「石膏注ぎ」を歯科助手がおこなう場合もあります。

「石膏注ぎ」とは、印象材で患者さんの歯型をとったものに石膏を流して歯の模型を作る作業です。

この模型を使い、歯科技工士が患者さんの歯のかぶせものや差し歯を制作していくため、丁寧な作業が要求されます。

バキュームやライトを扱う

患者さんの口の中がよく見えるよう、ライトを使って照らすのも歯科助手の仕事です。

また、患者さんが治療中に唾液が溜まって苦しくなるのを防いだり、歯や詰め物の削りかすを吸い込んだりするためのバキューム作業を担当します。

ライトやバキュームを扱う際は、歯科医師が治療しやすく、患者さんが不快にならないような角度で固定しなければなりません。

初めは難しく感じることもありますが、これも歯科医師や患者さんの気持ちを考えながら動かすようにすれば次第に慣れてきます。

このように、歯科助手の仕事の幅はとても広いですが、歯科医師の治療のサポートをどの程度する必要があるのかは、歯科医院によってさまざまです。

場合によっては、事務作業と清掃などが主な業務となる場合もありますので、事前に歯科医院に問い合わせてみて、どういう仕事内容になっているのかを把握しておくことが大切です。

歯科助手の役割

歯科医師のサポート

歯科医院に行くと、「○○さん、お入り下さい」と診療室に誘導してくれるのが歯科助手です。

では、歯科助手はどのような役割があるのでしょうか。

器具を渡したり材料を準備したりと、歯科医師がスムーズに診療をおこなえるようサポートするのが、歯科助手の役割です。

患者さんの口の中に触れる治療行為は一切ありませんが、医師のアシスタントにつくにあたって、治療の流れや使用する器具、専門用語をきちんと把握しておく必要があります。

また、診療中は次に必要になるものを予想し、先読みして動くことも歯科助手には求められます。

医師の手を止めることなくスムーズにアシスタントができる歯科助手は、医師と患者さんにとって心強く、頼りになる存在です。

歯科助手は縁の下の力持ち

歯科助手は診療のアシスタントだけでなく、受付業務・カルテ管理・予約管理・備品管理・院内清掃など、挙げたらキリがないほどさまざまな業務を担当します。

また、患者さんの多くは不安や悩みを抱えて来院するので、声を掛けたり、話しを聞いたりしてリラックスしてもらうことも歯科助手の大切な役割です。

歯科助手は来院した患者さんと一番に顔を合わせますし、患者さんとコミュニケーションを取る機会が多いため、「クリニックの顔」ともいわれます。

そのため、医院の印象は歯科助手で左右されることも少なくありません。

どんなときも患者さんへの気配りや思いやりを忘れず、笑顔で明るい応対を常に心掛けることが歯科助手の仕事をする上で重要になります。

このように、歯科助手は医師と患者さんの双方をサポートし、「縁の下の力持ち」として治療行為以外のすべての業務を担う役割を持っています。

患者さんが安心して来院できる医院作りには歯科助手の存在が必要不可欠なのです。

歯科助手の勤務先の種類

歯科医院・クリニックで働く

歯科助手の多くは、歯科医院や歯科クリニックで勤務しています。

いまや歯科医院の数はコンビニより多いとされるほど充実しており、都市部だけでなく住宅街などの郊外や地方でも、歯科助手の募集をおこなっている歯科医院は多数あります。

これらの歯科医院は個人で開業している場合がほとんどで、小規模のため一人の歯科助手に任される業務は幅広くなる傾向があります。

受付や会計などの一般的な事務のほか、治療のサポート、院内の清掃や後片付けといった雑務をすべて担うことも珍しくありません。

また、おもに虫歯の治療をおこなう一般歯科以外にも、子どもを対象とする小児歯科、歯並びの矯正を専門とする矯正歯科、口元の見た目を美しくする審美歯科など、1つの治療分野に特化した歯科医院もあります。

こうした歯科医院では、それぞれの専門分野ごとに一般歯科とは異なる業務が発生する可能性もあります。

大学病院・総合病院で働く

街の歯科医院やクリニックではなく、複数の診療科を持つ大学病院や総合病院で働く歯科助手もいます。

大型病院では歯科や口腔外科で勤務することになりますが、基本的な業務内容は歯科医院・クリニックの歯科助手とあまり変わりません。

ただし、開院準備や院内の清掃などは別のスタッフが担当するケースが多いため、各診療科における事務全般や治療のサポートがおもな業務となるでしょう。

病院の歯科や口腔外科にかかっている患者さんのなかには入院が必要な人もいるため、入退院に際して必要な事務処理や、医科と連携しておこなう治療のサポートなどを担うこともあります。

歯科助手の勤務先の種類と仕事内容の違い

歯科助手の仕事の流れ

歯科助手の仕事の流れは勤務先の規模や方針によって異なりますが、歯科医院に勤務する歯科助手の場合、以下のような流れが一般的です。

1. 開院前に院内の清掃や治療器具の準備をおこない、午前の予約を確認する

2. 玄関を開けて、午前の診療に訪れた患者さんを迎え入れる

3. 治療に必要な器具を歯科医師に手渡すなどのアシスタント業務をおこなう

4. スタッフルームで休憩をとり、備品の補充や落し物の管理をする

5. 初診の患者さんには問診票を記入してもらい、カルテの作成をおこなう

6. 診療後に診療報酬請求業務(レセプト作成)をおこなう

歯科医院で働く歯科助手の仕事内容は幅広いですが、業務の流れに慣れてくると、事務だけでなく患者さんへの気配りや声かけなどもできるようになり、どんどんスキルアップしていきます。

歯科助手と歯科衛生士の違い

歯科助手に似た職業として「歯科衛生士」がよく挙げられます。

歯科助手と歯科衛生士の大きな違いは、歯科助手には特別な資格が必要でないのに対し、歯科衛生士は国家資格を取得しなければ就くことができないという点にあります。

患者さんの歯を治療するためには口内に触れる必要がありますが、国家資格を持った歯科医師や歯科衛生士とは異なり、歯科助手は口の中に手を入れる処置はできません。

また、歯科衛生士になるには、専門のカリキュラムを設ける学校に3年以上通って受験資格を得た後、国家試験に合格する必要があります。

一方で、歯科助手に必要な知識やスキルが学べる専門学校はあるものの、とくに学校などに通わなくても就くことができるのが歯科助手という職業です。

歯科衛生士の仕事