歯科助手になったきっかけと目指す人へのメッセージ (体験談)

歯科助手になろうと思った理由

私が歯科助手になろうと思ったのは、実際に私が歯科医院に通院するようになったときです。

それまで、歯科医院は『怖い』という印象がありました。きっと皆さんもこのような気持ちを持っていることだと思います。

そんな気持ちを失くしてくれたのが、通院した歯科医院です。

今までいくつかの歯科医院を利用しましたが、その歯科医院は他の歯科医院と違うところが多々ありました。

歯科助手という仕事を意識したのもこの時です。とても親切な歯科助手の方で、不安感もなく、安心して利用することができました。

それから、こんな親切な歯科助手になりたい!私のように歯科医院に対して悪いイメージを持っている人に良い印象を持ってもらいたい!という気持ちになり、歯科助手になりました。

ほかの人の歯科助手になったきっかけは?

私の周りの歯科助手に『歯科助手になったきかっけ』を訪ねてみました。色々なきっかけがあったので紹介します。

・白衣が着られるから
・特別な資格などが、必要ないのでなりやすいと思ったから
・昔虫歯になってお世話になったので、恩返しのつもりで
・家族に歯科医院で働いている人がいて勧められたから

など、いろんな声を聞くことができました。

このように、歯科助手になるきっかけは十人十色です。みなさんは歯科助手になろうと思ったきっかけは、どういう内容ですか?きっかけはどうであれ、歯科助手になりたいという気持ちを大切してください。

仕事をしていると、いろいろと辛いこと・苦しいことが出てきます。そんな時に初心に戻るということがとても大事になります。今持っている気持ちを忘れないようにしましょうね。

歯科助手に興味がある人へ

歯科助手になりたいと思っている人、歯科助手に興味を持っている人へのメッセージです。

歯科助手は特別な資格も必要なく、高校生のアルバイトやパートでも求人があるほどです。

アルバイトでもパートでも、正社員でも、初めて歯科助手として働く人は、しっかりと予習や専門用語などについてを知っておくようにしましょう。

これは歯科医師のためでもあるし、患者さんのためでもあるし、みなさんのためでもあります。

初めて聞く用語だらけで、何が何やら分からない事だらけの毎日だと思います。

しかし、前もっていろいろと調べておくことで治療がスムーズに進んだり、患者さんにストレスを与えずに済んだり、自分もどんどん積極的に行動できるようになります。

一日のうちで少しの時間でも良いので、歯科助手として必要な知識や用語などはある程度勉強しておきましょう。

何にきをつければいい?

また、歯科医院によっては治療以外の業務全般を任せられる事もあります。

器具の準備をしたり、歯科医師に渡したりする際には歯科医師のくせや特徴を早く掴みましょう。

どういう器具を好んでいる、この治療をするときはこれを使っている、向きはどちらかなど、いろいろと考えながら行動していると次第に円滑に治療ができるようになります。

ただ仕事をこなすだけではなく、頭を使いながら動くと良いと思います。

またセメントや印象材を練る時もあると思います。初めはとても苦戦すると思いますが、コツや方法などを早く掴みましょう。

だんだんと、慣れてきて、自分が練ったセメントや印象材がうまくできるとやりがいを感じるはずです。

それだけ責任を伴う作業になります。

歯科医院によって、仕事内容も異なります。

自分がどういう仕事をしたいという希望があるのなら、どの歯科医院でどういう業務を行っているのかなどを確認しておきましょう。

きっと自分が求めている歯科医院が見つかるはずです。

最初のうちは、大変に感じることも多々あると思います。しかし、それは誰しも通ってきた道です。

根気強く頑張っていきましょう。