車掌の志望動機

面接で問われる志望動機

車掌は、幼い頃から鉄道や駅が大好きで、鉄道に関わる仕事をしたいと考えていた人がとても多い仕事です。決して楽な仕事ではないため、そのような憧れの気持ちや情熱は、鉄道の仕事を目指すのにとても大切なものです。

しかし、車掌の使命は安全かつ正確に電車を運行させること。利用してくれるお客さまをきちんと目的地に運ぶという、強い責任感や使命感が何よりも求められます。

鉄道会社の採用試験では、必ず面接試験が実施されます。

面接では必ず志望動機が問われますが、鉄道が好きであることやカッコイイ車掌になりたいという気持ちだけでなく、世の中の人の役に立ちたいという気持ちを持ち、しっかりとアピールすることが大切です。

サービス面も重要

安全や正確さは電車の運行で絶対に忘れてはならないことですが、お客さまに心地よく過ごしていただくことも重要です。

電車はただ走っていると思われがちですが、利用客が減れば鉄道会社の収益も減り、ひいては車掌など鉄道会社の社員の給料にも影響してしまうでしょう。

ですから、電車を「動かしてやっているんだ」という気持ちではなく、「乗ってくれてありがとうございます」という気持ちを持つことが大切です。

そのために、一人の鉄道に関わる人間としてどんな車掌になりたいのか、お客さまにどんな対応をしていきたいのか…そこまで考えて、志望動機に含められるとよいでしょう。

また、車掌になる前には駅の業務を経験したり、将来的には車掌から運転士を目指せるチャンスも出てきます。長い目で見て、自分が鉄道業界でどんな風に働いていきたいのかをイメージすることが大切です。