理容師と美容師の違い

理容師法と美容師法

理容師と美容師の違いを端的に表現すれば、理容師は髭剃りや顔剃り(うぶ毛処理)に際して、カミソリを使って施術することができます。これに対して美容師はカミソリを使うことは原則として禁止されています。

欧米から伝来した理容師という職業が定着した日本では、昭和22年に「理容師法」が制定され、理容師法には、理容師は、客の容姿を整えて清潔にすることを業務とすると定められています。
容姿を整え清潔にするための道具としてカミソリやハサミの使用が許可されています。

それに対して昭和32年に制定された「美容師法」では、美容師はパーマやカラー、結髪、化粧で容姿を美しくすることを業務と定められています。

美容師は髪結いを基本とする業務のために、法の下ではカミソリの使用は許されていません。

いずれにしても顔剃りといわれる技術を習得するには相当の修練が必要です。理容師法と美容師法の一体化を模索する向きも一部にはありますが、現在のところ顔剃り・髭剃りは理容師だけに許された施術です。それ以外に、理容師と美容師を立て分ける施術上の違いは見当たりません。

理容室と美容室の違い

理容室と美容室の店内をみてみると、理容室は、シャンプー台と施術椅子が一体となったユニットチェアが設置されていますが、美容室の場合は、シャンプー設備と椅子は完全に独立しています。

調髪〜シャンプーが主体の理容業務と、パーマー、カラーリング〜シャンプーを主体とした美容室、それぞれの業務のしやすさからそのような違いが生まれています。

業務上もっとも大きな違いは、顔剃り・髭剃りのメニューがあるかないかです。理容師・理容室には、剃刀を使った顔剃り・髭剃りの業務が許可されています。店頭や店内のメニューにもはっきり表示されています。しかし美容師・美容室には許可されていませんので、メニュー自体が存在しません。一部に法改正の向きもありますが、現在では明確な立て分けが継続されています。

なお、理容室の店頭に置かれている白・青・赤のラインがくるくると回るサインポールなどは理容室独特のものです。

サインポールの由来にはいろいろな説がありますが、『白は包帯、赤は動脈、青は静脈』とも言われています。理容師は欧米から伝来した職業で、その昔、戦争に明け暮れていた欧米の軍隊に従軍していた理容師は、外科医の役割も果たしていたことから、現在にもその名残があるのではとされています。

理容師のルーツ

他国との領土争いが日常化していた中世の欧米諸国では、理容師は進軍の隊に付随して各地を遠征していたため、傷ついた将軍や隊員に治療を施す外科医師や歯科医師の役割を果たしていていました。

外科医はハサミやメスなどの刃物を使用して手術を施します。あご鬚を剃ったり頭髪を切ったりする一方で、けがの処置から手足の切断に至るまで、理容師がそれを行っていたとされています。

当時の理容師が「barber surgeon(理髪・外科医)」と呼ばれていたことからも、そのことが裏づけられます。