女性の理容師

女性理容師の強み

最近では、理容室自体のユニセックス化がすすみ、美容室と見分けがつかないほどおしゃれで洗練された理容室が増えています。

業界全体としてみた場合でも理美容店の再編が加速する傾向にあり、理容室には美容師が、美容室には理容師が入店し、性別に関係なく、どのような客層にも対応できるような体制がとられるようになってきました。

一世代昔とは違って、理容師は男、美容師は女という立て分けは完全に消滅しつつあります。その結果、理容師をめざす若い女性の数も増えるようになりました。

シェービング(顔剃り・髭剃り)という施術は、理容師のみに許されたメニューですが、細やかな気配りと柔らかな手先をもつ女性理容師の施術には高い人気があります。

美容師と同じようにおしゃれでハイセンスなお店で働けるなら、理容師としての技術を身につけたほうが得という考えもあるようです。

男女差はなし

理容師の数はピーク時の1971年から減少に転じ、2010年には23.8万人に減少したという厚生労働省のデータがあります。その一方では、増加をつづけてきた美容室・美容師の数も鈍化傾向にあり、美容業界を含めた今後の業界全体の動きに注目が集まっているところです。

女性理容師としての進路を考える上で、将来にはさまざまな不安や疑問があると思いますが、身につけた技術が無駄になることは一切ありません。また一人前になるまでは給料も安いといわれる理容師ですが、技術職ですから、昇進のスピードや給料にそれほどの男女差はなく、向上心と努力さえあれば男性と同等に夢を追える職業です。