パイロットのやりがい

長い時間学び続けて成長できる

エアラインパイロットになれば、将来的には誰もが「機長」を目指すものです。しかし、そのためには15年ほどの飛行経験が必要になり、その途中にもさまざまな訓練を行わなければなりません。

パイロットは特殊な専門知識と技術が必要になるため、誰もがゼロの状態から学び、訓練を始めます。ライセンスの取得も簡単ではありませんが、苦労しながらも少しずつ技術が身についていくことで、乗務できる路線が増えるなど仕事の幅はどんどん広がります。

学び続けることに楽しみを見出せる人であれば、何年経ってもずっとやりがいを感じられるはずです。

大きな緊張感がやりがいに

パイロットの仕事は、毎日が緊張の連続です。多くの乗客の命を預かっているため、失敗は絶対に許されません。「頭が痛くて集中できない」「寝不足でボーっとしてしまった」なんていうことは絶対にあってはならず、離着陸時は特にものすごい集中力を要します。

また、もしトラブルが起こった場合にも、自分が学んだことやこれまでの経験から即座に状況を判断し、適切な行動をとらなければなりません。

「命に関わる」というあまりに大きな緊張感は時に重くのしかかってきますが、その分、毎回安全にフライトが終わるたびに大きな達成感が感じられます。

これほど大きな緊張感と達成感が毎日感じられる仕事はそれほどないかもしれません。