高卒でパイロットになるには(自衛隊のパイロット)

航空会社か?自衛隊か?

高卒でパイロットになりたいと考えたならば、まず「航空会社のパイロット」になるか「自衛隊のパイロット」になるかを考えてみましょう。

<航空会社のパイロットを目指す場合>
JALやANAといった大手では高卒の採用をしていないことがほとんどです。ただし、これらの子会社や地方の航空会社では、高卒も応募できるところがあります。

採用試験を受けて、社員としてパイロットに必要な訓練を受けて各種ライセンスを取得し、パイロットを目指します。

<自衛隊のパイロットを目指す場合>
2通りの方法があります。

1つ目は、防衛大学に進み、1年から2年へ進級する際に航空要員に区分される方法です。航空要員になれば、訓練を受けて海上自衛隊もしくは航空自衛隊のパイロット目指せます。

2つ目は、自衛隊の「航空学生採用試験」を受験する方法です。試験に合格すれば、海上自衛隊もしくは航空自衛隊の「航空学生」になることができ、パイロットになるための教育や訓練を重ねていきます。人数としては、こちらのほうが圧倒的に多いです。

海上自衛隊の航空学生

山口県下関市の「海上自衛隊小月教育航空隊」に入隊します。教育と飛行訓練は合計で4年間。パイロットや戦術航空士の資格を取得したのち、部隊で約2年間の訓練を積み、幹部に任官します。

航空自衛隊の航空学生

山口県防府市の「第12飛行教育団」に入隊します。2年間の基礎教育が終わると、飛行幹部候補生として約2年間の飛行訓練をこなし、パイロットの資格を取得します。

航空自衛隊のパイロットが活躍する場としては、「戦闘機」「輸送機」「救難機」の3つがあります。資格取得後は各部隊に配属されますが、2012年現在、このうち女性は戦闘機に乗ることができません。

身長制限について

航空学生採用試験には航空身体検査があり、身体についてさまざまな条件が掲げられています。事前に知っておきたいのが身長で、158cm以上190cm以下(男女共通)という規定があります。

そのほか、肺活量や血圧、視力なども基準値がありますので、事前によく調べておきましょう。詳細は、防衛省・自衛隊の自衛官募集ホームページに掲載されています。