ピアニストの給料・年収

音楽の世界は完全な実力主義なので、演奏料などは人によってさまざまです。また、かけもちする仕事によっても、収入はまったく異なってくるでしょう。

コンサートの出演料

単独でリサイタルを開いたり、協奏曲のソリストをつとめるような名の知れたピアニストでは、一回の出演料が100万円を越えることもあります。しかし、これらは本当にごく一部の人たちです。

一般的なピアニストでは、一回につき約10万円程度が多いようです。もちろん、人によって大きく差があります。

コンサートの出演だけで、1000万を越える年収を得られるのは、世界的に活躍しているような、一握りのピアニストだけです。

ピアノ講師としての収入

多くのピアニストは、講師としての副業からも収入を得ています。有名な講師であれば、レッスン料は1時間に20,000円を越えることもあります。

また、音大受験の生徒を指導できるような講師なら、1時間に10,000円は下らないことが多いでしょう。

個人宅でピアノ教室を開いたり、楽器店のスクールで教える場合なども、給与はそれぞれです。

スクールの講師は、固定給のところもありますが、指導技能や、教えるクラスにより変動するのが一般的です。

フルタイムの出勤で、月給10万〜25万ほどとなることが多いようです。

個人で教える場合は、いかに生徒数を増やせるかが関わってきます。軌道にのり、大人数の生徒を集められた場合は、それだけで生活していけることもあります。

生徒一人あたりの一般的な月謝は、5,000円〜15,000円くらいで、先生によってまちまちです。

ですが、近年は英語教室など他のお稽古事を習う子どもも多く、ピアノ教室で学ぶ生徒は減少しているといわれています。

ピアノ教室の経営が苦しくなる中、時給が1,000円を少し超えるくらいのアルバイトとして働くこともあるようです。

その他の仕事

たとえば、結婚式の披露宴などでピアノを演奏する仕事では、一回の出演につき10,000〜30,000円程度のギャラが多いようです。派遣会社に登録している場合などは、もちろんマージンを差し引かれた金額になります。

ラウンジやレストランなどでの演奏は、一晩3回ほどのステージで、約10,000円くらいが相場ですが、お店や演奏者にもよります。

スタジオミュージシャンなどは、レコード会社や芸能プロダクションに所属している場合は、毎月決まった給与になることもあります。

フリーランスだと、多くが時給制で、8,000〜20,000円くらいが一般的です。

もちろん、腕の良いミュージシャンの場合は、さらに時給が高くなります。