ペットシッターになるための学校、スクール

ペットについて学べる学校

ペットシッターとして働くためには、動物の命を守るための豊富な知識や技術が必要となります。

「自宅で何匹も犬を飼っていたから、犬の世話は慣れている」「猫が大好きだから猫の行動には詳しい」など、今までの経験から自信を持っている人もいるかもしれませんが、やはりペットのケアのスペシャリストとして働くためには相当量の知識が求められます。

ここでは、ペットのケアについて専門的に学べる学校や講座についてご紹介します。

動物に関する資格を取得

ペットシッターとして独立開業をすることをめざしているのであれば、ペットについて学べる学校や講座に通うことは有意義なことです。

なぜなら、このような学校では動物に関する知識や技術が身につくのはもちろんのこと、卒業の際に動物に関連したさまざまな資格を取得することができるからです。

たとえば、ペットのスタイリングの専門学校であれば「トリマー」、ペットの医療や福祉の専門学校であれば「動物看護士」、ペットシッターの養成スクールや講座であれば「認定ペットシッター」「ペットシッター士」の資格を取得することができます。

トリマーの仕事
動物看護師の仕事

このような資格を持っている人は「動物取扱業」への登録が認められるため、ペットシッターとして独立して個人で開業できるという大きな利点があります。

開業をめざす人は、学校に行って専門的な知識を得るとともに資格を取得することで、ペットシッターの夢実現への道をより確実なものにすることができます。

学校で学ぶこと

それでは、それぞれの学校ではどのようなことを学ぶのでしょうか。

共通しているのは、「犬や猫の行動学」や「小動物の生態」「健康管理における留意点」「人畜共通感染症」などの項目の学習でしょう。

これに加えて、スタイリングを学ぶ専門学校であれば、さまざまなペットの毛並を整えて美しく見せるテクニックを身につけますし、動物の看護を学ぶ専門学校であればケガの際の応急処置や病気の看護の方法を勉強します。

また、「認定ペットシッター」や「ペットシッター士」のスクールの場合は、短期間の講座の中で、ペットのしつけ方や遊び方、ペットを飼育する上で知っておかなければいけない法律などを学びます。

ペットに関する学校は、その内容はもちろんのこと、履修期間や授業料にも大きな違いがあるので、ペットとどのような関わりをしたいのかよく考えてから選択することが重要です。