ペットシッターの独立・開業

独立開業のチャンスは全国に

ペットシッターの派遣をする会社は全国にありますが、その規模はさまざまです。

大手の会社が全国的にフランチャイズ展開をしながら事業を拡大していることもありますし、個人のペットシッターとして独立開業して細々と仕事をしている人も多くいます。

最近ではペットブームでペットを飼う人が増えていますし、ペットを飼う人は地域を問わずどこにでも住んでいるものなので、全国どこででも開業できるといっても過言ではないでしょう。

また、ペットホテルやペットサロンのように店舗でペットを預かるわけではないので、店舗の賃貸料や設備投資などにはお金がかかりません。

このような意味では、ペットシッターはたくさんの人に独立開業のチャンスがある職業とも考えられます。

動物取扱業の登録を

ペットシッターの独立開業にあたっては、必要な手続きというのがあります。

ペットシッターは、動物の命を預かる責任重大な職業ですから、独立開業する際には「動物取扱業」として各地方自治体に登録をすることが義務付けられています。

この際に、動物を扱う専門的な知識や技術を身につけていることを証明しなければいけません。

東京都動物愛護相談センターによると「半年以上の実務経験があること」や「動物について学べる専門的な学校を卒業していること」「動物に関する資格を取得していること」の三つの要件のいずれかが必要です。

必要な実務経験や資格とは

一つ目の「実務経験」というのは、ペットショップなどで動物の販売や訓練などに携わった経験のことを指します。

二つ目の「動物について学べる専門的な学校」というのは、獣医学や畜産学を学べる学校や動物の看護を学ぶ学校のことを指します。

そして三つ目の動物に関する資格というのは、「愛玩動物飼養管理士」や「家庭犬訓練士」、「動物看護師」や「トリマー」、「認定ペットシッター」「ペットシッター士」などの資格のことを指します。

トリマーの仕事
動物飼育員の仕事

実務経験や学歴がない人は、資格の取得をすることでペットシッターとしての独立開業に向けた一歩を踏み出すことができるでしょう。