パン職人の1日

パン職人の1日は勤務先にもよりますが、街のパン屋さんの場合、ホテル、百貨店やスーパーのベーカリーなどと比べて、比較的長時間労働となる場合が多いです。

勤務先によってはきっちりとシフト制が導入されているところもあります。

仕込み・製造・接客の繰り返し

パン業界自体のクオリティもどんどん上がっている昨今。

焼き立てパンはとにかく大人気で、お客さんが大好きな目玉商品です。

そのため、1日の中でこまめに何度もパンを仕込み、焼きあげる時代になりました。その分繰り返しの仕込み作業も多くなります。

新米職人さんは、作業準備も担当しますので、他のスタッフより早起きすることも必須となるでしょう。

出勤後は、前日に仕込んだ生地を成型、焼き上げ、開店後も作業は続き、チームで続々とパン作りを繰り返していきます。

平日、休日、天候、立地条件でのお客さんの傾向などによって、仕込み具合や用意するパンの量も変わります。

焼く量に対し売れる量のバランスが利益を大きく左右しますので、多すぎず少なすぎず、柔軟にニーズを読んで対応する必要があります。

これは職人と言われる所以たる部分でもありますので、経験を積むしかありませんが、それだけに、身体で憶えた微妙なさじ加減はこの先ずっと役立つ技術になります。

参考として、街のパン屋さんでの1日のスケジュール例を紹介します。

パン職人のタイムテーブル

04:00 起床

パン職人はほとんどの場合、早朝に起床しなければなりません。

05:00 出勤・焼き上げ

出勤後、前日に仕込んでおいた生地をチェックし、分割し成型、窯入れして焼き上げていきます。

08:00 開店

お店のオープンに合わせ、店頭に出来上がったパンをディスプレイしていきます。

準備が整ったら看板を出して店をオープン。開店と同時に朝一番のパンを買いに来てくれるお客さんも。

10:00 お昼休み

ランチタイムは接客で忙しいこともあるため、時間をずらして

11:00 仕込み、焼き上げ

ランチタイムや夕方に焼き立てパンを提供するため、惣菜パン、菓子パン、食パンなどを営業中に仕込み、焼き上げを1日に何度か行います。

店舗によっては販売や接客を行うこともあります。

16:00 休憩

パン作りは体力を使うため、合間に休憩や軽食をとります。

17:00 翌日の準備

夜になると翌日のパンの生地作りや調理など仕込みが始まります。

パンの生地は天候や気温、湿度によって仕上がりが変わってきますので、翌日の天気チェックも行い、細かく配合などを調節します。雨の日は量を減らす場合も。

19:00 閉店

レジ締めを行い、メニューや材料のチェックをします。在庫を確認し、足りないものは発注します。

一日の終りには厨房と売り場を丁寧に掃除します。調理器具や機械もピカピカにして、気持ち良く次の日の仕事が始められるようにしてから閉店します。

20:00 帰宅

閉店後、30分から1時間後あたりに帰宅します。

労働時間は長め

パン職人は、平均的に労働時間が長いところが多くなっています。

ですが、どんどんとパンを仕込んではこんがりきれいに焼き上げていく作業は、まさにパン職人の醍醐味ともいえるもの。

慌ただしく過ぎていく時間や毎日は「不思議とあっという間に感じる」という方が多いのも特徴的です。

仕事体験談