ナレーターの事務所、プロダクション

ナレーターの事務所・プロダクションとは

ナレーターは、声優やタレントと同じように、事務所やプロダクションに所属して仕事をする人も大勢います。

もちろん、事務所やプロダクションに所属しなくては働けないわけではありません。

しかし、事務所・プロダクションにはクライアントから日々たくさんの仕事の依頼が舞い込むため、それらに所属しておくことで仕事を効率的に得やすいというメリットがあります。

所属ナレーターたちは、希望の仕事があれば、基本的に1案件ごとに行われるオーディションを受けて、それに合格することでナレーションの仕事をすることができます。

事務所・プロダクションの選び方

ひとくちにナレーターの事務所、プロダクションといっても、CMに強かったり、テレビ番組のナレーション中心であったり、声優のように映画やアニメーションの案件も豊富に手掛けていたりと、それぞれ特徴やカラーが異なります。

仕事として自分がとくに力を入れていきたい分野が決まっていれば、その方面に明るい事務所・プロダクションを選ぶのに越したことはありません。

もし好きなナレーターがいるのであれば、そのナレーターが所属している事務所・プロダクションを調べてみるのもよいでしょう。

大手は競争も厳しくなりがち

事務所やプロダクションは、中小から大手までさまざまな規模のところがあります。

やはり大手のほうが絶対的な仕事量が多く、多様な種類の仕事に挑戦しやすい環境があるといえます。

しかし、知名度があるため人気が高くなりがちで、所属するためのオーディションに通るのが難しかったり、案件ごとのオーディションも競争が厳しくなりがちなようです。

しかし、いずれにしてもナレーターは個人の力量が問われる仕事であるため、しっかりとスキルアップし、競争に勝つ意識は必要だといえるでしょう。

事務所やプロダクションのなかには、自社でスクールを運営するところもあります。

スクールに通い、卒業後はそのまま事務所へ所属する道をとる人もいます。