ナレーターになるには

ナレーターになるには

ナレーターになるのに資格や免許は用意されていないので、自分の実力で仕事を見つけることになります。

必ずしも学校で学ぶ必要はありませんが、ナレーター育成の養成所や大学などで正しい発声方法やナレーションのスキルを学んだあとに、オーディションを受けたり事務所に自分のナレーションの入ったデモテープを送ったりして就職先を探している人が多いようです。

主な勤務先としては、放送局、声優事務所、コンテンツ制作会社(DVD作成など)、イベント会社などがあります。

ナレーター養成の学校を卒業して、学校に来ている求人情報に応募する人もいます。

ただし、ナレーターは人気の職種ですので、学校を出たからといって簡単に所属先が決まるわけではありません。

基本的には業務委託契約であり、正社員の雇用はほとんどないようです。

ナレーターの資格・難易度

 

ナレーターになるのに資格は必要がありません。

あくまでも実力主義の世界なので、難易度の高い資格や優秀な学歴があることよりも、魅力的な声質の持ち主であるかどうかや、正しいアクセントやイントネーションが身についているかどうか、文章に対する読解力や表現力があるかどうかが問われます。

ただし、もしも海外の番組のナレーションをしたいのであれば、語学力を身につけておくとよいでしょう。

英検やTOEICで優秀な成績を収めていれば、自分の語学力をアピールするためのひとつの武器となります。

ナレーターになるための学校の種類

ナレーターとして活躍している人は、ナレーター育成の養成所、声優科のある学校、放送系の大学などでナレーターとしてのスキルを身につけて仕事をしています。

通信教育でもナレーターについて学べるところはありますが、ナレーターになるには、こういった学校に通う方が近道です。

また、学校に通うのと同時に、普段からテレビ番組やニュース、時事情報を調べてさまざまな知識を身につけておく必要があります。

ナレーターの仕事はテレビやラジオなどの番組によって大きく内容が変わります。

楽しいバラエティのナレーションもあれば、社会問題などを扱ったドキュメントのナレーションもあります。

どのような仕事にも対応できるためには、あらゆる分野に精通していることが大切です。

今までに聞いたことがないような専門用語をいくつもナレーションすることもありますので、学校でも独学でも勉強することは多いといえるでしょう。

ナレーターのための学校と学費(養成所・スクール・専門学校)

ナレーターに向いている人

ナレーターに向いているのはどんな人なのでしょうか?

ナレーターは言葉を使って表現をする仕事なので、「文章を読むのが好き」「朗読するのが好き」「人と話すのが好き」であることは非常に重要な要素でしょう。

また、ナレーターとして仕事を行っていくうえで、「暗記力」「発声の技術」「表現力」は重要なポイントとなります。

ナレーターの仕事は原稿を見ながらするとイメージされている人が多いですが、たとえばテレビ番組の場合は、テレビの進行内容に合わせてナレーションを行う必要がありますので、ある程度原稿を暗記しておかないといけません。

聞き取りやすい発声をすることはもちろん、適切な感情を込める表現力も重要です。

こういった能力はあらかじめ備わっているに越したことはありませんが、仕事をしながらでも、ナレーターの養成所でも十分鍛えることができるものです。

ナレーターに向いている人、適性

ナレーターのキャリアプラン・キャリアパス

ナレーターとして働くためには、まずは自分でいくつものオーディションを受ける必要があります。

なかには、養成所の紹介でナレーターとして勤務する人もいますが、多くの人が自ら自分を売り出して最初の仕事を見つけます。

デビューしてすぐに大きな仕事を任されることは少なく、まずはテレビ番組のVTRや民間企業が作るPR動画のナレーションを担当するところから始めます。

ナレーターとして名が知られるようになると、ゴールデンタイムの番組やドキュメンタリー番組など、視聴率の高い人気番組の仕事を任されるようになります。

キャリアを積み重ねていけば、いずれは個人事務所を開くことも可能でしょう。

ナレーターを目指せる年齢は?

ナレーターを目指すのに年齢制限はありません。

ナレーターとして現場で活躍している人には、かつてナレーターとは違う職業に就いていた人もいます。

アナウンサー・声優・俳優・球場などでのうぐいす嬢などです。

テレビ番組のナレーションを担当した俳優が、視聴者の好感を得て、それまではまったくなかったナレーターの仕事が激増したという例も少なくありません。

このように、別の職種での経験が生かせる仕事であるということを踏まえると、30代、40代になってからナレーターを目指すということも十分可能でしょう。

ただし、ナレーターは収入が不安定になることが多い職業です。

一流のナレーターになるまでは生活が苦しくアルバイトを掛け持ちしなければいけないことも多いので、できるだけ体力に自信があるうちに挑戦するとよいでしょう。

ナレーターは高卒から目指せる?

ナレーターになるためには学歴は必要ありません。

求人情報を見てみても、学歴不問となっていることが多く、実力主義の世界であることがよくわかります。

ですから、高卒でナレーターを目指すことは全く問題ありません。

魅力的な声や語りのスキルさえあれば、オーディションで仕事を勝ち取ることは可能でしょう。

その反面、ナレーターになるためには正しい発声方法や表現力を身につける必要があるので、こうしたスキルの習得のために高校卒業後にナレーター育成のための養成学校に通うことが近道になることもあります。

ナレーターは女性でもなれる?

ナレーターは性別を問わず誰もが目指すことができる職業です。

この業界では、昔から女性のナレーターも多く活躍してきました。

女性の声は男性の声に比べると高く、優しくて温かい響きを持ちやすいという特徴があります。

そのため、ドキュメンタリー番組やニュース番組では、あえて女性のナレーターを起用することで番組の印象を柔らかくしようとすることがあります。

年齢制限もないので、ナレーターに憧れのある女性は積極的に挑戦してみるとよいのではないでしょうか。

女性のナレーターのキャリアパス・結婚後の生活