ナレーターの需要・現状と将来性

ナレーターの現状

 

現在、ナレーターはさまざまな場所で活躍しています。

世間からの認知度が高いところでいえば、各種テレビ番組やラジオ番組でのナレーションですが、映画やアニメなどのDVD作品などのナレーションをすることもありますし、イベントや結婚式などのMCなどでも活躍の場があります。

仕事を選ばないのであれば、アルバイト、パートなどを含め仕事量は少なくないと考えてよいでしょう。

ただし、基本的にこの業界の仕事は不定期かつ不安定であることで知られています。

ナレーターとして芸能事務所やプロダクションに所属していたとしても、仕事は一回きりの単発のものが多いこともありますし、ナレーターの数も十分にいることから安定して稼いでいくことは簡単ではありません。

副業をせずにナレーションの仕事だけで家族を養っていけるほどの収入を得られる人は、ほんの一握りというのが現状です。

ナレーターの需要

ナレーターは人気のある職業ですが、今後もその需要は高まっていくと考えられます。

テレビ、ラジオなどのメディアに関していえばそこまで大きな変化はありませんが、これから先はCS放送やWeb上の番組の発展によって映像コンテンツが増えていくといわれているからです。

これに伴って、番組制作におけるナレーターの需要は増えていくと考えられます。

たとえば、ダイエット方法を教えるWeb動画を作るとすると、その解説をするナレーターが必要となります。

企業の多くが自社のホームページに紹介の動画やムービーを用意していますので、そのナレーションを探す場合も考えられます。

安定して仕事を獲得することは簡単ではありませんが、必要とされる機会が増えていくことが予想されます。

ナレーターの将来性

 

これからの時代はどんなナレーターが求められるのでしょうか。

その答えとしては、今までのナレーターとは違う個性やスキルを持つナレーターが期待されているといえるでしょう。

今までは、ディレクターや放送作家が作った台本に書いてあることを正確にしゃべる能力さえあれば、ナレーターとして一流とされてきました。

声質や朗読の技術が何よりも大事であり、ナレーター自身の人間性や個性は業務にはあまり関係ないとされてきたのです。

しかしこれからは、仕事の幅が広がっていくのに伴って、トークショーのMCやインタビュー番組の聞き手を務める機会も増えていくと考えられます。

台本に書かれたこと以外にも、フリートークやゲストへのインタビューができるようなスキルのある人材が、業界で重宝されることになるでしょう。

ナレーターの今後の活躍の場

メディアが多様化していく現代社会においては、ラジオ番組やインターネット配信番組が、あらたな可能性を秘めています。

テレビ番組を一本作って地上波で放送するためには莫大な予算と大人数のスタッフが必要となるため、制作のハードルは非常に高いものになります。

しかし、ラジオ番組やインターネット配信番組であれば低予算かつ少人数のスタッフでも制作することができるので、自分たちが作りたい番組を気軽に作ることができるのです。

実際に、最近ではラジオドラマやアニメ、ドキュメンタリーなど、ラジオ番組やインターネット配信番組でさまざまなコンテンツが作られています。

ナレーターが主体的に関わることができる番組も増えてきているので、これからはますますクリエイティブな仕事に関わることができるでしょう。

また、YouTubeのような動画チャンネルやSNSを活用して、個人で気軽に情報発信ができる時代になっています。

これからは、自分の思いや伝えたいことを話すことができる人物がさらに活躍することができると考えられます。