舞妓の求人・採用募集状況

門戸は意外と開かれている

京都の花街をはんなりと歩く美しい舞妓の姿は多くの女性の憧れです。日本の伝統芸能を華やかに継承する舞妓は魅力的な存在であるといえます。

かつて、舞妓の求人情報は広く公開されるものではありませんでした。

ほとんどの志願者は置屋の関係者の娘か、あるいは馴染みの茶屋や料理屋の関係者の娘であり、縁故で世話になるというケースが大半を占めていました。

しかし、現在ではとくにコネクションがなくても置屋に所属するチャンスを得られるようになりました。実際に志願者は全国各地から集まってきています。

近代化する舞妓の求人

京都には置屋の集まる花街が6つあり、そのうち5つに管理組合があります。舞妓になりたいと思ったら、まず花街の組合に問い合わせるのが一般的です。

そして、そこから置屋を紹介してもらい、女将と面接する機会を得ることになります。しかし現在ではウェブ上に求人情報を出している置屋も数件ありますので、こちらを頼りに応募することもできます。

舞妓の世界は伝統を重んじる閉鎖的なものであると思われがちですか、現代的な部分もあるようです。

採用は女将の裁量

舞妓になるためには置屋の女将と面談をし、認められる必要があります。採用にあたって、資格や学歴の有無などの具体的な指標はありません。

すべては女将の裁量によって決まります。

舞妓に採用されるにはまず、15〜20歳といった年齢制限をクリアしていなければなりません。ほとんどが中学を卒業するタイミングで舞妓を志望していますが、最近では高卒者も増えているようです。

芸の道は経験年数がものをいう部分があるため、舞妓を目指すのであればなるべく早いうちが良いでしょう。

近年では舞妓のメディア露出も増えているため、志願者は増加傾向にあります。当然倍率が高いといえるでしょう。

明確な採用基準はありませんが、容姿が合否に関わるということは否めません。しかし、どんなに容姿が優れていても厳しい修行に耐えられないような人物では採用されるのは難しいでしょう。

抽象的ではありますが舞妓を目指す人は内外共に美しさを磨く必要があるといえます。

採用された後が勝負

舞妓には他の職業にはない独特な労働条件があります。一番の特徴は舞妓が修業中の身であるという点です。

20歳になると見習いという身分を卒業し、一人前の芸妓として活躍することができるようになります。言わば舞妓は「芸妓」となるための第一歩なのです。

したがって、舞妓は芸妓を目指すための職業ということもできます。

また、舞妓は面談に合格しても、すぐに仕事ができるわけではありません。お座敷と呼ばれる仕事場に出るために、唄や踊りなどのお稽古をしっかりと習い身につけることに専念します。

華やかな姿の陰には血のにじむような努力の日々があるのです。舞妓として採用された後、想像していたような仕事をするまでにはかなりの時間がかかると考えていいでしょう。

舞妓には根気を持って努力する姿勢が求められるのです。