舞妓の需要・現状と将来性

舞妓の現状

修業期間は20歳まで

舞妓の本業は「芸妓」になるための修業期間とされ、その期間は20歳までと限定されています。

20歳になる前に、すべての舞妓は今後の身の振り方を自ら決断しなければなりません。

そのまま芸の道に進むことを選択した場合、それ以降は芸妓として活動することになります。

芸妓は舞妓と異なり、収入を得ることができる分、自立して生活することになります。

舞妓から芸妓へ

生活が軌道に乗るまでは置屋が面倒を見てくれますが、いずれは一人立ちしなければなりません。

芸妓の給料は固定給ではなく、完全歩合制であるため、各人によって異なります。

お座敷1時間で2000円~3000円が相場とされていますが、お座敷は毎日あるので定期的に呼ばれるようになれば十分な収入が望めるでしょう。

それ以外にもおひねりや贈り物などを得るチャンスもあります。

舞妓時代から熱心に芸事に励み、挨拶回り等をまめに行うことが芸妓としての成功につながるといえるでしょう。

一方、20歳で芸の道を退く場合、一般の職に就くことになります。

置屋での厳しい修行生活を乗り越えることのできた人材として、評価されることも多いようですが、最終学歴が中学または高校卒業である場合が多く、ほとんどの人が高校卒業資格や大卒資格を得るために勉学に励むことになるのが現状です。

舞妓の需要

舞妓の需要は一定数あり、今後もまったくなくなることはないといえます。

国内のみならず世界中で人気があるため、そのニーズが衰えることはないでしょう。

ただし伝統芸能を極めるのは決して簡単なことではありません。

毎日休まず鍛錬に励まなければ、お客さまを満足させる腕前になりません。

また生活面でも、上下関係や置屋のしきたりなどは厳しい面もあり、途中でリタイアしてしまう人も少なくありません。

舞妓を卒業し、芸妓として成功する人はほんの一握りなのです。

舞妓を目指す人はこのような現状を理解したうえで志願すべきであるといえます。

舞妓の将来性

舞妓はおもてなしのプロフェッショナルとして近年注目を浴びています。

芸事だけでなく、接客のスキルや立ち振る舞いなどのたしなみが見直されています。

お客さまの心情を察して適宜最適なおもてなしを提供することは、海外からも高い評価を受けていますし、今後は世界から客が来ることを考え英会話に力をいれているところもあるようです。

日本が世界に誇る接客サービスとして、今後も活躍の場は広がっていくでしょう。

舞妓の今後の活躍の場

舞妓は日本文化の象徴として世界中でも広く知られています。

海外からの旅行者の中には舞妓の華やかな姿を一目見たいと願って京都を訪れる人も少なくありません。

舞妓は古くからお座敷でお客さまをもてなすことを生業にしていましたが、近年ではテレビや雑誌などのメディアに顔を出す機会も増えてきています。

地方で行われる物産展などのイベントに呼ばれることもあれば、海外で行われる日本文化のイベントに呼ばれることもあります。

また京都で行われる大きな会議やパーティーには必ずといっていいほど呼ばれ、国内のさまざまな場所から来たお客さまをもてなします。

古くから伝わる伝統を残しながらも、その活動の幅は着実に広がっているといえるでしょう。