国税専門官になるには

国税専門官になるためのステップ

国税専門官になるためには国家試験に合格する必要があります。受験から配属までの具体的なステップは以下になります。

<1.国税専門官採用試験に合格>
国税専門官になるには国家公務員試験である国税専門官採用試験に合格する必要があります。国税専門官採用試験の受験資格は21歳以上30歳未満であり、年齢を満たしていれば学歴は問われません。

ですが、国税専門官採用試験は大卒受験者が多く、高卒の場合は税務職員採用試験を受けるケースが多いです。

なお、国税専門官採用試験合格者も税務職員採用試験合格者も同じく「税務署員」であり、基本的に仕事の差はありません。

採用の際に最終学歴や学部が評価されることはあまりありませんが、国税専門官採用試験を突破するには会計学や商法を始めとする専門知識が必要ですので、法学部などで法律を学んでいると有利になります。

国税専門官採用試験

<2.税務大学校での研修>
国税専門官採用試験を合格すると、まずは各地方にある国税局に財務事務官として採用されることとなります。そして税務大学校などの機関で研修を積みます。

研修期間は約4ヶ月間となっており、税法について詳しい講義を受ける他、日商簿記2級を持っていない場合には在校中に資格を取得することが求められます。

なお、税務職員採用試験の合格者の場合は、約11ヶ月間の研修が用意されています。

<3.各税務署等に配属>
税務大学校での研修が終了した後、全国に点在する税務署への配属が決まります。

基本的には採用された各国税局の管轄内で配属先が決まりますが、人数調整などの理由から極稀に管轄外に配属されるケースも見られます。

なお配属後は3年間の実務経験を積み、7ヶ月の研修をすることが義務付けられています。

国税専門官の勤務地

各都道府県にある税務署での勤務となります。

国税局は、札幌国税局 仙台国税局 関東信越国税局 東京国税局 金沢国税局 名古屋国税局 大阪国税局 広島国税局 高松国税局 福岡国税局 熊本国税局 沖縄国税事務所に分かれており、それぞれが管轄する地域内で転勤があります。転勤は3〜5年サイクルで行われます。

国税専門官に必要な知識、スキル

国税専門官になるための最大の壁はやはり国税専門官採用試験です。特に筆記の第一次試験は難関と言われており、法律や会計の高度な専門知識が求められます。

試験の合否に学部は関係ありませんが、できれば会計や税法などについて詳しく学ぶことができる法学部、商学部、経営学部などに進むことで学習のウェイトを軽くできるかもしれません。

国税専門官に求められる能力

<正義感>
不正を正し、税金を徴収する仕事であるため、納税者に喜ばれる仕事ではありません。それでも間違っていることは間違っていると誰に対しても言うことができる正義感の強い人が向いていると言えます。

<数字に強い>
税金は法律も計算も複雑であるため、論理的に考えることができ、数字にも強いことが必要です。

国税専門官の今後の見通し

税金がなくなることはありえないので、今後も必要とされる仕事です。脱税の手口は年々複雑化、高度化しているため、国税専門官もより専門性が求められてきています。