女性の板前

女性の板前は少ない?

みなさんは「板前」と聞いたとき、どんな雰囲気をまとった人を想像するでしょうか? 職人気質で仕事熱心な男性の姿をイメージする人は、きっと多いはずです。

板前に限らず、洋食店のコックやシェフなどの「料理人」は、昔から女性よりも男性のほうが多く活躍しているようです。

この理由としてはさまざまな説があるようですが、結論から言うと、料理人は決して女性に務まらない仕事ではありません。実際、女性が板前や料理長として活躍するお店はいくつもあります。

では、「なぜ女性の板前が少ないのか?」と考えたとき、一つの大きな理由として「過酷な修業と労働環境」が挙げられるのではないでしょうか。

板前になるまでには、何年もの修業期間を必要とします。特に最初の数年間は、早朝から深夜まで先輩の下で雑用をこなさなければならず、多大な精神力と体力を要します。

修業中は住み込みで生活することもあるほか、飲食の仕事は勤務時間が不規則で休みも少ない場合が多く、「オシャレやデートを楽しみたい」といった若い女性の願望は、なかなか叶わないことも多いのです。

女性の板前への期待

女性にとって、板前を目指すには相当の覚悟が必要となるでしょう。たとえプライベートを犠牲にしても、技術向上のために努力したいという思いを持てない人は、修業を続けていくことが難しいかもしれません

ただし、これは男性にとっても同じです。精神力が勝れば、体力に少し不安があっても乗り切ることは可能ですし、最初はキツイかもしれませんが、働いているうちにだんだんと仕事に慣れていくものです。

また、実際に女性の板前が活躍する現場では、年配者や家族連れのお客さまから「入りやすい」といった声が挙がるなど、反応は上々のようです。

日本料理は繊細さを求められますし、お客さまへの気遣いも大切なので、「女性に向いている職業」といった意見もあります。

本当にやりたい気持ちがあれば、性別は関係ありません。自信を持ち、板前への道を歩んでほしいものです。