フリーの編集者の働き方、給料

社員時代の人脈を生かす

フリーの編集者になる人のほとんどは、過去に出版社や編集プロダクションでの実務経験を経て、その後独立するという流れをたどっています。

フリーの編集者の働き方は、まず仕事を取ってくることからはじまります。

この場面での苦労は、社員だったときにどれだけのツテとパイプを作れたかによっても変わってくるでしょう。

フリーの編集者は、最初は仕事を一人で始めるケースが大半ですが、一つの案件を受注しても、一人ですべてを完成させることは到底できません。

そこで、同じくフリーランスのライターやカメラマンを募集します。

もしくは、勤めていたときによく依頼していた人がいるならば、その人に依頼したほうが信頼できるでしょう。

会社に在籍していたときは上司やデスク、編集長の指示に従っていた部分もあるでしょうが、フリーになったからには、すべて自分が指揮をしなければならない厳しさがあります。

フリー編集者の給料

フリーランスの場合、会社員よりも好きなときに休みやすいというメリットがありますが、休んだら収入がなくなるデメリットも受け入れなくてはなりません。

つねにいくつかの案件を抱えていなければ生活が苦しくなってしまいますし、一人しかいない編集者で回せる案件の数は限られています。

そのさじ加減を大切に行わなければ、納期に間に合わない結果、依頼がこなくなるケースにもなりかねません。

フリーの編集者の給料は、年商で1000万円前後が平均でしょう。

一見すると多いように思えるかもしれませんが、これはあくまでも売上です。ここから必要経費が引かれます。

家賃が自宅ならば事務所を持たなくて問題ありませんが、ライターやカメラマン、デザイナーなどを雇った場合は、その報酬を支払わなければなりませんし、取材時には移動費や食費、宿泊費、フィルム代など必要経費はいくらでもかかってきます。

手元に残る金額は?

フリーの編集者とはいえ、立派な個人事業主であるため、毎年必ず確定申告はしなければなりません。

外部委託した分の源泉徴収などもあるため、税金の知識がない場合は税理士に相談する必要も出てくるでしょう。

こうやって最終的に手元に残る金額というのは、だいたい売上の3分の2程度です。

うまく発行部数が伸びてくれれば、その後印税も入ってくるパターンがありますが、フリーになった編集者全員が成功しているわけではありません。

フリーの編集者は仕事を取ってくるところから始まり、外部のフリーランスに依頼をかけ、経費を支払い、案件を納品する作業となります。

こうした働き方は、自分の意欲次第でどれだけ忙しくもできますし、仕事量を調節して自分の時間を大切にすることもできるため、多くの会社勤めの編集者にとって憧れでもあるようです。

仕事体験談