行政書士の仕事内容

行政書士の仕事とは 行政書士の仕事内容は、個人や会社をはじめとする法人など、さまざまな顧客からの依頼を受けて、官公署(各省庁、都道府県庁、市・区役所、町・村役場、警察署等)に提出する書類の作成や申請を代行することです。 … 続きを読む

行政書士と司法書士の違い

同じ「書士」がつく行政書士と司法書士 行政書士と司法書士は、どちらも同じ「書士」が付き、主な内容も書類の代行作成といった面でとても似ています。試験のレベルでいうと、行政書士よりも司法書士の方が難しくなります。 この司法書 … 続きを読む

行政書士の現状と将来性

行政書士業界の現状は? 行政書士職の人気の高まりにより行政書士事務所も増えてきています。 行政書士事務所間での争いも激化しており、料金の低価格化、独自のオプションサービスなど生き残りをかけて競争が続けられています。 行政 … 続きを読む

行政書士の役割

国民の権利保護と行政手続きの効率化をサポート 行政書士とは、他人からの依頼を受けて、官公署に提出する書類の作成と提出、手続の代理、権利義務や事実証明、契約書の作成等を行い、報酬を得る国家資格者をいいます。 作成する書類の … 続きを読む

行政書士のやりがい

人の役に立つことができる 行政書士は「街の法律家」といわれるように、個人や法人が行う行政手続きの際の多くの書類の作成、相談業務を行い、国民の権利を守るために働く法律のプロです。 たとえば、許認可書類の作成ではこれからビジ … 続きを読む

行政書士のつらいこと、大変なこと、苦労

開業・独立を成功させるためのマーケティング、営業努力 難関と言われる行政書士資格ですが、行政書士として安定した収入を得ることもまた、簡単なことではありません。 どの事業もそうですが、独立・開業したからといって、すぐに多く … 続きを読む

行政書士と社労士の違い

社労士の仕事とは? 社労士、正式名称「社会保険労務士」は、雇用保険や健康保険、厚生年金といった社会保険や、労働に関する法律の専門家です。 これらの法律は多岐にわたるうえに複雑であるため、社会保険労務士は企業が法律にのっと … 続きを読む

行政書士と宅建の違い

宅建の仕事内容とは 宅建、正式名称「宅地建物取引士」は、国家資格のなかでも人気が高く、若い人も多くチャレンジしているようです。 宅建は不動産業に関わる法律系の資格であり、「契約締結前に行う重要事項説明とその重要事項説明書 … 続きを読む

行政書士の需要

安定した需要が望める 行政書士の大きな役割は、官公署に向けた書類の作成や申請代行をすることです。 現在、行政書士が扱う書類の数は1万種以上にものぼるといわれています。 最近では、官公署でも手続きが電子化、簡素化されるなど … 続きを読む