副業としての行政書士

副業で行政書士業務は行える?

本職を持ちながら、副業的に行政書士の仕事をしようと考えている人もいるかもしれません。結論からいうと、副業で行政書士の業務を行うことは可能です。(個人でする場合は行政書士の資格が必要になります)

しかし、あくまで副業としての行政書士業務になるのでやりづらい面ももちろん出てきます。

今回は副業で行政書士業務をすることについてのメリット、デメリットをご紹介していきます。

副業行政書士のデメリット

副業で行政書士を行う場合、現実的に仕事がしにくいといったデメリットがあります。

それは、官公庁を相手にする仕事が多いため、平日の昼間に時間が取れないと業務ができないといった点です。

本職が平日勤務で土日休みの場合、行政書士業務を行うのはかなり大変ということができます。

さらに、仕事を取りにくいといったデメリットもあります。行政書士の依頼内容の中には、営業許可に関するものや相続などに関する重要なものもあります。

そういった重要な仕事を、片手間でやっている行政書士と本職で専門的にやっている行政書士のどちらに任せたいかと考えたとき、答えは明白です。

副業で行政書士業務を行うメリット

副業で行政書士業務を行うメリットは、いきなり開業するというリスクを回避できる点です。

行政書士を正社員として採用している事務所は少ないため、資格取得後にすぐに会社を辞めて独立を考えている人もいるかもしれません。

ですが、独立・開業したからといって仕事を獲得できる保証はありませんし、行政書士という仕事が自分の適性と合っているかわかりません。

会社を辞めて開業することにはリスクが伴いますので、まずは副業として行政書士をやってみるというのは一つの手段です。

しかし、副業とはいえ自分で行うとなるとまず仕事の確保から考える必要があります。もちろん仕事が取れたら自分でその仕事にあたるようになります。

会社を辞める前に、こういった一連の流れを経験できることはとても価値のあることでしょう。