芸術家になるには

芸術家になるための条件

ほとんどの芸術家はフリーランスで活動するため、試験や面接を受けて会社に就職する場合と異なり、学歴も資格も必要ありません。

芸術家への道は、年齢、性別、国籍、ハンディキャップのあるなしにかかわらず、あらゆる人に門が開かれているのです。

極端にいえば、「私は芸術家です」と宣言すれば、誰でもその瞬間から芸術家になることはできます。

しかし、作品を売った収入だけで生活できるようになるまでは、困難を極めるといわざるを得ないでしょう。

類まれなアートセンスと個性、表現力をもち、なおかつ作品を発表する機会をたくさん得た人だけが芸術家として成功しているのです。

芸術家が学校で学ぶなら

オリジナリティーや個性が最大の武器である芸術家にとっては、大学や専門学校でみっちり学ぶと、かえって個性を抑制してしまう恐れがあります。

テクニックを学ぶだけなら、「絵画講座」「陶芸講座」などの市民講座を数回受けて、材料や道具の基礎知識を吸収するくらいで充分かもしれません。

基礎を学習して、すぐに作品づくりをスタートできます。

よりスキルや感性を磨くために

持ち前のセンスで芸術活動をスタートすることは可能だとはいえ、より高度なテクニックやイメージづくりのために、下積みをしたいと考える人は多いでしょう。

弟子や見習いとして創作の現場に立つためには次のような方法があります。

芸術家に弟子入りする

第一線で活躍する著名な芸術家や、自分が目指す芸術家に弟子入りし、師匠の手伝いをしながら技術を学びます。

師匠は手取り足取り教えてくれるという期待は持てず、教わるというよりも盗むという表現が正しいでしょう。

師匠の作風に影響され、自分の個性を押し殺してしまうことのないよう気をつける必要があります。

工房に職人見習いとして就職する

陶芸や工芸などの場合、アートではなく日用品として使われる食器や花器などを創作している工房があります。

こうした工房へ職人見習いとして就職して現場で技術を磨くことも、自分のスキルアップにつながります。

自宅のアトリエにこもりっきりの場合と違い、トレンドや消費者のニーズを把握できることも強みのひとつになるといえるでしょう。