フードコーディネーターの勤務時間・休日

フードコーディネーターの生活

フードコーディネーターの勤務時間は、まず企業などに所属して働く場合と、フリーランスとして働く場合とで異なります。

食品メーカーなどの社員として働く場合は、「1日8時間勤務、週休2日制」という形が多くなります。いわゆる一般的なサラリーマンの生活です。

しかしながら、飲食店の本部に勤める場合は、午後から深夜までの勤務であったり、シフト制で働くこともあり得ます。

一方、フリーランスの場合は、どのような仕事を請け負うかによってだいぶ異なります。

企業に勤める場合とは異なり、複数のクライアントと取引し、さまざまな案件を同時期にこなすこともあり、日によって勤務時間が異なることは珍しくありません。

雑誌やテレビの撮影は、早朝や深夜、また土日に行われることもありますし、飲食店に関わる仕事をする場合は、店舗の営業時間外に担当者と打ち合わせをすることが多くなります。

こういったことから、全体としてフードコーディネーターの生活は不規則なものとなりやすいでしょう。

休日はどう過ごす?

休日を充実させることは、フードコーディネーターのように忙しい毎日を送る人にとって重要なポイントです。

とくにフリーで働くとなれば、会社から決められた休日が存在しないため、自分で上手にメリハリをつけなければなりません。

いくら好きな仕事であっても、何日も徹夜を続けたりオフの時間を作らないで働き続ければ、人間どこかでガタがきてしまうもの。

仕事の締切は優先しなければなりませんが、余裕があるときは「この日は休む!」としっかり決めて休むことも大切です。

なお、フードコーディネーターになると、メニューの試作を行うことや、勉強のために飲食店巡りをする機会が増えます。「食べること」は大事な仕事の一部ですが、どうしても太りやすくなると悩む人もいるようです。

そのため、休日には積極的に体を動かしたり、できるだけヘルシーな食事を心がけてバランスをとることもあります。

もちろん、食とはまったく関係ない趣味を楽しんでリラックスするのもよいでしょう。

とはいえ、そもそも「食が趣味」という人も多いため、休日に自宅で新しい料理の研究をしたり、飲食店を回って情報収集をするという人も少なくありません。