ファイナンシャルプランナーのやりがい

「相談してよかった」と感謝されたとき

どんな人にとっても、心身ともに安定した生活を送り、「こうしたい」「こうなりたい」という夢や目標を達成するためには、どうしても資金が必要になってきます。

そんな、人の人生にとって大切なお金の計画についてプロフェッショナルとして支援できることが、ファイナンシャルプランナーのやりがいです。

この仕事では、お客さまと直接対話をするため、お客さまの感想や反応がその場でわかります。

自分がアドバイスをしたお客さまから、「わからなかったことが理解できた」「知らなかった情報を知ることができてよかった」「あなたのおかげで助かった」といった言葉をかけてもらえることが、何よりの励みになります。

なかには、長期的な資金計画を考える機会や、じっくりと選択肢を検討する時間がないと話すようなお客さまもいらっしゃいます。

自分のスキルを発揮することで、お客さまが資産運用について考えたり、人生設計の課題に気づいたりするきっかけになることも、ファイナンシャルプランナーのやりがいだといえるでしょう。

困ったときに必要とされる

リーマンショックなどの国際的な金融危機を引き金に、日本でもお金についてより慎重に考える人が増えているといわれます。

実際、近年では個人のお客さまがファイナンシャルプランナーに相談をしたいと考えるケースが多くなっています。

収入が減ったり災害に遭ったりすると資金計画の見直しが必要になり、経済的な不安と向き合わなければなりませんが、ファイナンシャルプランナーはそれをサポートすることができます。

おもな相談者の年齢層は30代前後の若い方から60代くらいの方まで幅広く、さまざまな人の役に立てることも、この仕事になってきます。

企業系FPにとってのやりがい

企業系FPの代表的な活躍の場となる銀行、証券会社、不動産会社、保険会社などでは、高度な専門知識が求められることも多く、勉強や実務を通じて自分の知識が高まっていくことにやりがいを感じられるでしょう。

また、保険会社のプランナーはオーダーメイドでお客さまに適した商品を設計します。

それぞれのお客さまの状況や将来についての考え方をヒアリングしたうえで、ニーズに合うものを提案し、相談に乗って喜んでいただく。

そうした、人との深い関わりを築いていけることもやりがいにつながります。

独立系FPにとってのやりがい

独立系のFPの場合は、より自分の得意分野を生かして仕事をすることができます。

また、独立すると自分で営業方針を決めるなど、自分の裁量で働きやすくなります。

会社に属していると、どうしても会社の方針に従わなくてはなりませんが、独立すれば自分が本当に良いと思ったことをお客さまに提案できます。

自分の力だけで物事を進めていくのは苦労もありますが、人の役に立ったと実感できると、やりがいをより強く感じるでしょう。