絵本作家のアシスタント、アルバイト

絵本作家のアシスタントの現状

絵本作家という何よりも個性や独自性が必要な職業で、アシスタントを募集することはほぼ皆無に等しいでしょう。

そもそも絵本はページ数が少なく、出版される頻度も高いものではありません。

「売れっ子」といわれる人の作品でもロングセラーの増刷、修正増刷がメインになるため、締め切りに追われて人手を必要とするほど忙しい状況になることはほとんどないといえるでしょう。

ごくまれにアシスタントが必要になるのは、出版社などの企画によるシリーズものを手がける場合。

これはテーマやストーリーの骨格が出版社側から指定されるため、挿絵やイラストレーターの仕事に近いものになります。

この場合、絵本作家が文章を考案し、イラストのラフスケッチを描いたところで、アシスタントに背景の着色などを任せるパターンが多いようです。

アシスタントを務めるのは美大生やデザインの専門学校生、その卒業生などで、イラストの基礎をしっかり学んだ人。

多くの場合は、その絵本作家の特長や癖を知りぬいた家族や周辺の人脈から選ばれます。

絵本作家への弟子入り

キャラクターイラストや独自のイラスト手法を残そうとするシニアの絵本作家の場合、弟子を招いてそのノウハウを伝授するケースがあります。

この場合、弟子はその作家に惚れ込み、後継者になりたいという強い思いを持つ人に限られます。なぜなら、弟子は自分の個性を押し殺し、師匠の真似を繰り返す必要があるためです。

自分の作品を世に出したいと願う絵本作家志望者なら、弟子入りは避けた方がいいでしょう。

絵本作家のアルバイト

アルバイトで絵本制作にかかわりたい場合、上記のようなアシスタントや弟子として絵本作家を手伝う形になるでしょう。

また逆に、本職が絵本作家で、アルバイト的に挿絵やイラスト制作の仕事を受ける人もたくさんいます。

絵本作家だけで生計を立てるのは並大抵の努力では成し遂げられない、困難なことだということがうかがえます。