ショコラティエの一日

ショコラティエのタイムスケジュール

ショコラティエは、個人経営のチョコレートショップや有名ホテルの中にある洋菓子店などで働いています。

一日の勤務のスケジュールは、このようになります。

07:30

出社後、制服に着替えて厨房へ

08:00

チョコレートの製作スタート

09:30

商品をショーケースに並べて開店準備

10:00

店舗オープン、商品を作りながら接客をする

14:00

昼食休憩

15:00

午後の勤務スタート

19:00

店舗クローズ

19:30

翌日の仕込みや厨房の後片付け

20:00

私服に着替えて退社

朝早くからチョコレート作り

菓子店の開業時間は、大体10時から19時くらいになるのが一般的ですが、都市部の店舗の場合は夜遅くまでオープンしていることもあります。

ショコラティエは店舗がオープンする前に商品を作らなければいけないため、朝は早くなることが多いようです。

また、店舗を閉めた後もすぐに帰れるわけではありません。厨房の後片付けをしたり翌日の商品作りの準備をしたりという作業があります。

また、時期によってはスタッフのミーティングや新商品の試作をすることもあるため、夜遅くまで残業することもあります。

クリスマスやバレンタインデーの直前にはさらに忙しくなり、予約がたくさん入っているときは注文数を作り上げるまで仕事を終えることはできません。

ときには夜を徹してチョコレートを作り上げることもあるので、体力が求められる職業ともいえます。

接客やレジを担当することも

ショコラティエは基本的には厨房のなかでチョコレートを作るのが仕事ですが、店舗によっては接客やレジも兼任することもあります。

お客さんにとっても、製作者から新商品を教えてもらったりそれぞれのチョコレートの特色を聞いたりすることができるので、ショコラティエ本人が接客に立つことには大きな意味があるのです。

個人経営の小さな店舗の場合は、店内の掃除や広報物(店内の張り紙や商品につけるポップなど)の作成、商品のギフトラッピングまですべてショコラティエが行うこともあり、一日中とても忙しく過ごすことになります。