カメラマンの志望動機、目指すきっかけ

志望動機は必要?

カメラマンになるにあたって、志望動機をきちんと考える必要はあるのでしょうか。

結論からいうと、企業に所属して働くカメラマンになるのであれば、他の職種と同様、たいてい採用試験で面接が行われます。

そこでは必ずといっていいほど志望動機が問われるため、カメラマンを志す理由は言葉でまとめておく必要があります。

一方、企業には所属せず、プロのカメラマンのアシスタントになったり、フリーランスのカメラマンとして活動していく場合には、採用試験のように志望動機が問われないことも多々あります。

しかし、楽しいばかりではなく苦労も多い仕事を前向きに続けていくうえで、「なぜカメラマンになりたいのか」を明確にしておくことは大切です。

志望動機の例

写真が好き

カメラマンの志望動機として多いのは、やはり「撮影をすることや写真が好きで、自分でも人の心に残る一枚を撮りたい」といった内容です。

趣味で普段から写真を撮っているうちに、それを仕事にしたいと思うようになったという人は多いようです。

動物や風景、人物など、自分が得意な特定のジャンル専門で撮影したいと考える人も少なくありません。

また、新聞、広告、雑誌などのメディアやものづくりに興味があり、カメラマンとしてそれらの制作に関わりたいと考える人もいます。

人を感動させたい

「写真を通して人を感動させたい」という志望動機を持っている人もいます。自分が撮った写真で誰かが感動してくれるのは、とてもうれしいものです。

同じ被写体であっても、撮影した人によってでき上がった写真の印象は随分と異なります。自分にしか撮れない写真を撮ろうと、カメラマンはプライドを持って仕事に臨んでいます。

さまざまな経験が積める

カメラマンの仕事はたくさんの人と出会え、まだ知らない場所にもたくさん行くことができるチャンスもあります。

どんなカメラマンを目指すかにもよりますが、報道カメラマンや風景写真を撮影するカメラマンであれば、仕事で外国に行ける可能性もあるでしょう。

カメラマンの仕事を通して自分自身を高め、さまざまな経験を積んでいくことができることに魅力を感じて、カメラマンを目指すモチベーションにつなげている人もいるようです。

志望動機の考え方

写真のどこに魅力を感じるのかや、写真によって何を伝えたいのか、またカメラマンとして何を目指したいのかといった内容を、自分の言葉で表現するようにしましょう。

もしブライダルやスポーツなど、特定の分野でのカメラマンを志望するのであれば、その世界に興味を持ったきっかけも考えておきたいものです。

志望動機に正解はありませんが、面接官は「写真を撮る」という行為を通じて、その人が何を目指していきたいのかを見ています。

たとえ同じプロのカメラマンが同じシーンを撮影したとしても、構図やシャッターを押すタイミング、露出など、カメラマンのセンスと技術によって写る絵は変わってきます。

人間性が出るといえる仕事だからこそ、自分らしさをアピールできる志望動機を心がけるとよいでしょう。

何を学び、これから何をしたいのかを伝える

カメラマンは、カメラの知識や撮影技術がなくては務まらない仕事です。

そのため、これまでプロのカメラマンを目指すために何を学んできたのか、どういった撮影をしてきたのかといったことも志望動機に盛り込むとよいでしょう。

そのためにも、就職前に少しでも多くの撮影経験を積んでおくことは大切です。

たとえ実務経験はなかったとしても、独学でどのようにカメラに触れてきたのか、どのような写真に親しんでいるのかといったことはできるだけ伝えるとよいでしょう。