バイヤーの需要と就職・採用募集状況

人気が高いアパレル業界

商品を買いつける仕入れ係であるバイヤー。さまざまな業界に、その活躍の場があります。

人気が高いのは、アパレル業界。都会で流行しているセレクトショップには、バイヤーが選んで買いつけてきた靴や洋服や小物が並んでいます。

こうしたショップではバイヤーのセンスが店の売り上げに直結するため、結果が出せなければ途中でバイヤーのポジションから降ろされることもあり、常に厳しい競争が繰り広げられている世界です。

ファッションバイヤーの就職試験は、服飾の専門学校でファッション産業や流通業界の仕組みについて学んだ学生たちが多く受験しています。

採用されると、まずは店頭で「販売員」をすることからスタートし、ファッションセンスや店の経営方針への理解力が認められれば、徐々に買いつけの仕事を任せてもらえるようになります。

店舗によっては、バイヤーをする前に店長やマネージャーを任せるケースもあり、バイヤーになるまでに数年はかかるのが一般的です。

さまざまな業界で活躍の場が

また、量販店や百貨店でも、バイヤーが活躍しています。こういった店は幅広いジャンルの商品を扱っているため、バイヤーもさまざまな商品の買いつけを担当することになります。

採用の際に「バイヤー志望者」と限定して求人を出している場合もありますが、どちらかというと大学卒業者を「総合職」として採用して、希望や適性を見極めながら「人事」「営業」「広報」「バイヤー」と職種ごとに振り分けていくケースが多いようです。

最近では郊外型のショッピングモールや大型ドラッグストアが急増しており、こういった店舗でのバイヤーの求人が増えてきました。

店によっては「低価格」を実現するため国際的な売買をすることもあるので、語学力がある人を積極的に採用する場合もあります。