弁理士の現状と将来性

国際出願の増加

近年、各企業は長引く不況によって特許等の出願手続きを特許事務所に依頼せず、社内で完結させているケースが多くなっています。

特許事務所が活躍の場の中心となる弁理士にとっては厳しい状況ともいえますが、その中で特に伸びしろがあると注目されている分野が、日本企業が海外で特許権を取得するような「国際出願」です。

国内の出願件数が毎年ほぼ横ばいの状況なのに対し、国際出願の数は大幅に伸びてきており、この先も国際出願に対応できる特許事務所や弁理士の需要は高まると考えられています。

地方で活躍する弁理士

もう一点、別の注目ポイントとしては、地方の弁理士のニーズの高まりです。弁理士の多くは東京や神奈川を中心とする関東圏と大阪を中心とする近畿圏に集まっていますが、個人の発明家や研究機関、企業はどの地域にも存在します。

あえて地方で独立・開業し、地元で埋もれている知的財産の権利化・産業化に向けて尽力している弁理士も増えつつあります。

また、最近は弁理士そのものの役割も変わりつつあります。ただ出願手続きを行うだけではなく、知的財産全般についてのコンサルティング業務や、権利者と利用者の橋渡しとなる仲介業務など、仕事のフィールドは確実に広がっています。

今後はクライアントの細かなニーズに対応できる弁理士がますます求められるようになっていくでしょう。

競争の中で生き残るために

専門職や士業全般と同様に、弁理士として成功できるかどうかは最終的には本人の力量次第です。いくら弁理士の需要が高まっても、全ての弁理士が満足できるほどしっかり稼げるかといえば、そう簡単にはいきません。

弁理士のような特別なスキルを要する仕事の場合、どうしても実績のある人や深い知識を持つ人のところに仕事が集まりやすくなります。

弁理士は資格を取得するまでも長い道のりがありますが、試験への合格はあくまでもスタート地点と考えて、その先が勝負という気持ちでやっていく必要があります。

新たな技術への興味を持って勉強を続けること、文章表現力や語学力を高めることなど、学ぶべきことはたくさんあります。

毎日の実務の中で反省と気付きを繰り返しながら成長していくことができます。日々成長するという気持ちを忘れなければ、厳しい競争の中でも生き残っていくことができるでしょう。