バーテンダーになるには

バーテンダーになるまでの道のり

バーテンダーになる道のりは、さまざまなものが考えられます。

代表的なルートとしては、バーテンダー養成学校・スクールに通って基礎的な知識・技術を学んでから現場に入るか、知識や技術がまったくないところからバーなどで働き始め、現場で経験を積んでいくことが挙げられます。

いずれにしても、バーテンダーは職人的な要素が強い仕事であり、新人時代は見習いや下積みとしての日々を送ることになるでしょう。

実務を通じて少しずつ経験を積むことで、ようやく一人前のバーテンダーとして扱われるようになります。

一人前のバーテンダーとして活躍するまでには、お酒類に関する知識はもちろん、カクテルを作る技術を身につけるための勉強と訓練が必要です。

見習いのバーテンダーは休みの日を使って自主的に勉強をしたり、営業時間後に練習をしたりしながら、スキルアップを目指していきます。

バーテンダーの資格・難易度

バーテンダーとして働くうえで、資格はほとんど意味をなしません。

バーにおける採用の条件に資格を持っていることが掲げられることはほとんどありませんし、資格がないと出世できないということもありません。

ただし、バーテンダーとしての一定のスキルがあることの証明として、「日本バーテンダー協会(NBA)」が認定する「NBA検定試験制度」というものがあります。

この資格は、どちらかといえばバーテンダー自身が自分のスキルを確認したり、さらなるスキルアップを目指したりする意味で受験することが多いようです。

実際には資格を持っていなくても、一流バーテンダーとして活躍する人は大勢います。

バーテンダーの資格にはどんなものがある? 難易度はどれくらい?

バーテンダーになるための学校の種類

バーテンダーになるために、通うべき学校というものは基本的にありません。

現状では、学校よりも現場で学びながらスキル向上を目指していくのが一般的とされている職業ですが、ホテルサービスや飲食サービス系の専門学校で、バーテンダーに特化したコースが置かれているところはあります。

また、民間のバーテンダー養成スクールとして、「ジャパンバーテンダースクール」などがあります。

このようなスクールでは正式なシェーキングやステアリングの技術を学ぶ実技の授業や、お酒に関する座学、器具や材料の扱い方などまで幅広く学ぶことができます。

あらかじめ基礎的なことを学んでおきたいのであれば、こうしたスクールを経てから現場に入るのもよいでしょう。

バーテンダーになるための学校と学費(専門学校・スクール)

バーテンダーに向いている人

人を楽しませることに情熱を注げる人

お店に来てくれたお客さまを楽しませることは、バーテンダーにとっての最も重要な役割です。

バーに訪れるお客さまは、バーテンダーとの会話を楽しみにしている人もいます。

そのようなお客さまを満足させるためには、お酒の正しい知識を持っていることはもちろん、時事問題から世間の流行まで、幅広い話題ができなくてはなりません。

単純に面白い話ができるということではなく、お客さまがどんな会話を求めているかを考えて対応することが必要です。

その人にとって適切な対応ができれば、お客さまはきっと「来てよかった」と満足してくれるでしょう。

お酒が好きな人

「自分自身がお酒が大好き!」という人は、やはりお酒が嫌いな人よりもバーテンダーという職業を楽しむことができるでしょう。

お酒が好きなら勉強していても楽しいですし、お酒の味を研究するためにいろいろなお酒を飲んでみたり、他のバーに勉強がてら飲みに行ったりすることも積極的にできるはずです。

しかし、バーテンダーは必ずしもお酒に強くなくてはならないわけではありません。

実際、ほとんど飲めないバーテンダーもいますが、そのような人でも勉強する意欲さえあれば、一人前のバーテンダーとして活躍することは可能です。

探求心や想像力のある人

バーテンダーはお酒が好きということに加えて、想像力豊かな人に向いている仕事です。

お酒の種類は膨大であり、その組み合わせは無限にあると言っても過言ではありません。

カクテルを作る際には「オリジナリティ」も求められてきます。

定番のレシピを覚えるだけでなく、バーテンダーは常にいろいろなアイデアを出しながら、「こうすればもっとおいしくなる」と考えて新しい一杯を作り出します。

新しいものを考えたり実行するのが好きな人、ものづくりが好きな人はバーテンダーに向いているはずです。

バーテンダーに向いている人・適性・必要なスキル

バーテンダーのキャリアプラン・キャリアパス

バーテンダーは、バーによっては未経験者の場合アルバイトからスタートし、レベルアップすることで正社員になれる場合があります。

この仕事では人柄のほか、実務経験やスキルが重視されるため、あまり経験がない場合は雑用や先輩バーテンダーのアシスタント業務を任されることも多いです。

とくに、価格帯も高めのオーセンティックバーでは、こうした要素が強くなるでしょう。

そうした地道な下積み時代を経て、ようやく一人前のバーテンダーとしてお客さまの前に立つことができます。

一方、カジュアルなショットバーやダイニングバーなどでは、あまり経験のないアルバイトであっても早い段階でお酒作りをやらせてもらえることもあります。

ただし、一流のバーテンダーを目指していきたいのであれば、最初は厳しい下積み生活からでも、しっかりとした知識や技術を学べる環境で働くほうが将来の目標に早く近づけるでしょう。

自分がどのようなバーテンダーを目指していきたいのかを考えて、働く場所を選択することが重要です。

そしてバーテンダーの多くは、ある程度の経験を積むと、独立して自分の店を出すことを目指していきます。

バーテンダーを目指せる年齢は?

バーテンダーを目指す人の多くは、20代前半など比較的若いうちからバーの世界に入っているようです。

とはいえ、必ずしも若くなければ目指せないというわけではなく、なかには異業種から30代以上で転職する人もいます。

バーテンダーとして本気で頑張る気持ちがあれば、年齢問わず目指すことは可能です。

ただし、未経験者を採用するバーの多くはできるだけ若い人を雇って育てていきたいと考えるため、年齢が上がれば上がるほど転職は厳しくなるでしょう。

また、バーの世界はやや上下関係が厳しく、年齢よりもバーテンダー歴が長い人を先輩として扱う風潮もあります。

年齢が上がってからバーテンダーになる場合、年下の先輩に囲まれて働くことになるため、そうした環境になじめるかどうかもポイントになるでしょう。

バーテンダーは高卒から目指せる?

バーテンダーは、働くうえで学歴が問われることは基本的にありません。

たとえ中卒や高卒であっても、本気でバーテンダーになりたいという熱意や意欲があれば、一からバーテンダーを目指していくことができます。

実際、全国各地のバーではやる気さえあれば、経験や学歴などの条件は関係なく採用を決めることは少なくないようです。

ただし、バーテンダーの仕事では拘束時間が長くなりがちで、職場によっては休みも少なく、さらにお客さまとの対面接客が中心となるなど、心身ともに負担がかかる面があります。

せっかくバーテンダーへの第一歩を踏み出しても、厳しさに耐えられずに早くに仕事を辞めてしまう人もいるため、バーテンダーの仕事の実態をよく調べてから本気で目指していくことをおすすめします。

バーテンダーは女性でもなれる?

バーテンダーというと、男性が中心の仕事というイメージがあるかもしれません。

しかし、最近では女性バーテンダーは決して珍しい存在ではなくなっており、女性を積極的に採用するバーも増えています。

また、雇われて働くことのみならず、女性のバーテンダーが経験を積んで独立し、オーナーや店主として活躍するバーもあります。

バーテンダーの仕事は体力的に大変なところもありますが、女性ならではの細やかな気遣いやおもてなしの精神がおおいに生かせる仕事でもあります。

バーテンダーになりたいと考えるのであれば、積極的に求人を探して応募してみましょう。

女性のバーテンダーのキャリアパス・結婚後の生活