バーテンダーの需要・現状と将来性

バーテンダーの現状

飲食業界の競争は厳しく、年々低価格化が進んできています。

バーに関しても同様で、リーズナブルな金額で、それなりの質のものを飲めるバーも増えてきています。

また、たとえばシェリー酒やラム酒といったある分野に特化したバーや、コンセプト重視のユニークなバーも増え、お客さまにとってのバーの選択肢は広がっています。

今後もバーテンダーという仕事がなくなることはないと考えられますが、バーテンダーの置かれている環境は引き続き厳しいことは確かです。

しかし、バーを利用するお客さまは「このバーテンダーにお酒を作ってもらいたい」という思いを持つ方も少なくないため、自分だけの強みや特徴があるバーテンダーは、どのような時代でも生き残ることができるでしょう。

バーテンダーの需要

バー業界の競争は厳しいため、この仕事で大幅な待遇改善を望むのは厳しいかもしれません。

しかし、一方では飲食業界における人材不足の問題を解決するために、労働環境の改善がなされ、給料や待遇が以前に比べて良くなっている一面も見られます。

バーテンダーは技術力や経験が重要視される職業であるため、スキルのあるバーテンダーは業界内で重宝され、さまざまな場所で働ける可能性が広がります。

ちなみに、かつてバーテンダーという職業は男性がほとんどを占めていましたが、近年では女性のバーテンダーも増えています。

バーに通う女性顧客も増加傾向にあり、細やかな気遣いができ、接客スキルが高い女性バーテンダーに対するニーズは今後も高まっていくと考えられます。

バーテンダーの将来性

不景気で飲食店の売り上げ低迷が懸念されるからといって、バーテンダーという職業を断念することはありません。

現場でお酒を作り続けるだけではなく、勤務する場所によっては、ホテルの料飲部門のマネジャーなど管理職への道も開けたり、大型店のマネージャーや店長に抜擢されることもあります。

そうなれば必然的に、給与もそれなりに上がっていきます。

バーテンダー業界はやや閉鎖的なところもありますが、一方では、お酒と別の食材や飲料を組み合わせた独創的なドリンクが親しまれつつあるなど、新しい要素も出てきています。

バーテンダーの今後の活躍の場

バーテンダーからソムリエの資格を取得して、活躍の幅をさらに広げる人もいます。

また、この仕事は独立・開業を目指す人も多く、将来的には自分の店を持ってオーナーとして活躍していく道もあります。

バーテンダーは、技術があれば日本全国はもちろん、海外で働くこともできます。

有名なバーテンダーになるための方法はひとつではなく、たとえば全国規模の技能大会やメーカー主催のコンクールに挑戦する人もいますし、ソムリエなど飲食関連の資格を取得して独立を目指す人もいます。

ひとくちにバーテンダーの職場といっても、高級感のあるホテルのバーから地域密着型の個人店までさまざまであり、お客さまが求めるものも変わってきます。

バーテンダーを生涯の職業とするなら、自分の目標に合った経験がつめる職場を選んだり、勉強をすることが大切です。