バーテンダーの1日・生活スタイル

バーテンダーの業務スケジュール

バーテンダーの仕事は、だいたい夕方頃からスタートします。

出勤時間はお店によって異なりますが、バーは夜の18時以降にオープンするケースが多いので、バーテンダーの出勤時間は早くても15時や16時以降になることが多いでしょう。

出勤後は開店準備を行います。

開店準備の内容は、店内の掃除、グラスや使用する器具を磨く、氷を割って成形、買い出し、また簡単なフードを提供するお店では食材の仕込みなどを行う場合もあります。

営業時間内は、接客をしながらお酒作りをすることが業務のメインとなり、閉店後にも掃除や後片付け、売上計算、翌日の準備などを行い、1日の業務が終了します。

また、カクテル作りの練習や勉強なども行っています。

営業時間外でやるべき業務も多いため、バーテンダーの勤務時間や拘束時間は長くなりがちです。

街の小規模なバーで働くバーテンダーの1日

13:30 起床

起床後は食事をとりながらニュースを見て、世の中の動きをチェックします。

15:00 出勤準備

バーテンダーには清潔感が求められます。

髪の毛のセットや爪の手入れ、髭そりなどの身だしなみは毎日気を配るところです。

16:00 出勤

店に着くと、ベストやサロンに着替えて開店準備をスタートします。

18:00 開店

早い時間は比較的店が落ち着いていることもあるため、空いている時間を使ってグラスやボトル磨きなどを行います。

20:00 接客

この時間帯くらいから店が混み始めます。

一人ひとりのお客さまに対して丁寧に対応し、必要に応じて会話をしてお客さまを楽しませながらお酒を提供します。

23:30 休憩

落ち着いた時間を見計らって小休憩をとります。

食事は簡単な軽食で済ませることがほとんどです。

2:00 閉店

お客さまがすべてお帰りになると、後片付けなどの閉店作業を行います。

3:00 練習

カクテル作りの練習をします。

カクテルは膨大な種類のものがあり、もっとおいしく作れるようになるために日々の練習や研究が欠かせません。

4:00 翌日の準備

翌日の営業に備え、氷の成形をします。

5:30 退勤

始発の電車が動き始めたら店を出ます。

7:30 就寝

帰宅後は軽い食事をとったり、少し勉強をしたりしてから寝ます。

バーテンダーの勤務時間・休日