バリスタになるための学校(専門学校、スクール)

専門学校やスクールには通うべき?

バリスタを目指そうと思ったとき、必ずしも専門学校やスクールに通う必要はありません。

未経験からいきなりカフェなどの店で働き、現場でバリスタとしての腕を少しずつ磨いていく人もいますし、なかには海外に飛んで修行を積む人もいます。

一方、専門学校やスクールに通うことで、基礎から体系立ててバリスタに必要な知識や技術を学ぶことも可能です。

「バリスタになるためにはこうでなくてはならない」ということを念頭に置いたうえで、ここでは専門学校とスクールそれぞれの特徴を見ていきましょう。

専門学校

バリスタになるのに絶対的な方法はありませんが、もし未経験からバリスタを目指す場合は、専門学校でバリスタの基礎知識・技術を学ぶことが近道となるかもしれません。

近年のカフェブームにより、バリスタをはじめ、カフェで働きたい人を育てるための専門学校は増えています。製菓や調理の専門学校にカフェコースが置かれていることもあります。

また、なかには「バリスタ科」「バリスタ専攻」といったような名前で、バリスタを専門的に育てるカリキュラムを置く学校もあります。

これらの学校では国内のバールやカフェへの就職支援もありますし、卒業後は海外で修行を積み、一人前のバリスタとしてスキルアップしていくルートも考えられます。

ただし、なかにはカフェ経営をメインにしたカリキュラムなど、エスプレッソを淹れるバリスタとは違う進路に重きを置かれていることもあるようです。

学校によって事情は異なるため、学科名・コース名だけに捉われず、どのようなカリキュラムとなっているのか事前にしっかりと確認しておくことが大切です。

民間のスクール・カルチャースクール等

学校法人の専門学校に通わずとも、民間のスクールやカルチャースクール等でバリスタの基本を学ぶことも可能です。

とくに、すでに社会人として働いている人がバリスタになりたいと思った場合、すぐに仕事を辞めて専門学校に通うのは難しいものです。

そこで、夜間や週末だけを使って通えるスクールに通い、本当に自分がこの仕事に向いているのかを見極める人もいます。

なお「一般社団法人 日本バリスタ協会(JBA)」の認定スクールに通うと、JBAバリスタのライセンス試験の受験資格も得られます。

この資格はバリスタとして働くのに必須ではありませんが、JBAが定める一定基準の技術や知識を持っている者として、協会から認められることになります。

先に述べた通り、学校やスクールに通うことだけが正解ではありません。未経験から店に入って、現場ですべてを覚えていく人もいます。

自分の目指すバリスタ像や、どういった風に学んでいきたいのかを見据え、進路を決めていくとよいでしょう。