アートディレクターの資格

アートディレクターに資格は必要か?

アートディレクターになるための資格や検定は存在していません。

広告業界、クリエイターに共通することですが、資格などの勉強の類より、制作の現場で培った実力やクリエイティブセンス、これまでの実績で評価が決まります。

ほとんどのアートディレクターがグラフィックデザイナーからステップアップしていますが、デザイナーになるにも、もちろん資格や検定は必要ありません。

美術大学やデザイン専門学校で基礎知識とスキルを身に付け、あとはグラフィックデザイナーのアシスタントや見習いとして社会に出た後に、現場で実力を培っていくことになります。

数年間の経験を積み優れたデザイナーになって初めて、アートディレクターへ転身する条件が整います。つまり、国家資格や民間資格ではなく、「実力と経験」がステップアップするための必須資格だといえるでしょう。

アートディレクターの関連資格

グラフィックデザイナーやアートディレクターに関連する民間資格はいくつかありますが、取得しているからといって就職や転職の有利になるものではありません。

自分のスキルレベルがどのくらいであるかを客観的に知る目的としては、資格取得にチャレンジするのもひとつの手だといえます。

アドビ認定エキスパート

広告業界における標準アプリケーションソフトであるIllustratorやPhotoshopなどアドビ社のソフトウェア製品について、専門的な知識と技能を持つことを同社が証明する資格です。

Photoshopクリエイター/Illustratorクリエイター能力認定試験

サーティファイの主催による、PhotoshopやIllustratorを活用する能力を測定する試験。「スタンダード」と「エキスパート」の2階級が設けられています。

DTPエキスパート認証試験

デザイン作業をパソコンで行い印刷や出版をするための「Desktop Publishing」の業務に関する総合知識を認める、公益社団法人 日本印刷技術協会による認証制度です。