アートディレクターになるには

グラフィックデザイナーとしてのスキルは必須

アートディレクターは広告やセールスプロモーションツールなどのグラフィック制作における責任者であり、企画やプレゼンから取材、撮影、編集を経て入稿や納品に至るまで、一貫して管理する立場にあります。

自身が優れたデザインセンスとスキルを持っていることが必須条件であるため、ほとんどのアートディレクターはグラフィックデザイナーとして数年間の経験を積んだ後に転身してその職に就いています。

グラフィックデザイナーの仕事

とくに資格を持ったり検定をパスするは必要はなく、男女、年齢を問わずに就ける職種ではありますが、実力と経験が伴っていなければならないため新卒で就くことは不可能だといえるでしょう。

学校で学ぶのが近道

アートディレクターの前身であるグラフィックデザイナーになるためには、美術大学のほか、専門学校のグラフィックデザイン科などで学ぶのが近道です。

さまざまな媒体に関する知識や構図、配色などのデザイン術を会得するほか、グラフィックデザインの実務に必要なIllustratorやPhotoshopなどのグラフィックソフト、InDesignなどの編集ソフトのスキルも磨きます。

このように少なくとも2年間の専門教育を受けた後、グラフィックデザイナーとして就職し、現場で経験を積む必要があるのです。

アートディレクターはどんな人がなる?

グラフィックデザイナーとして勤務している間に、自分がアートディレクターに向いているか否かを判断することができるでしょう。

デザインを組み立てること自体にやりがいを感じる人やパソコンに向かってもくもくと作業をするのが好きな人は、いわば職人としてグラフィックデザイナーの職務を貫く方が向いているといえます。

それだけではなく、もっと企画に踏み込んだり提案することに意義を見い出す人や、コピーやイラストなどにもトータルにかかわりたい人は、いわば現場監督であるアートディレクター向きの人材だといえるでしょう。