アートディレクターの勤務時間・労働時間・休日

長時間労働になりがちな理由

広告業界は激務で知られており、労働時間も長い印象を持っている人が多いでしょう。

広告代理店や制作プロダクションなど、アートディレクターが所属する会社では、10時から19時など、国が定める通り実働時間は原則として8時間と決められているところがほとんどです。

しかし、クライアントとの間で入稿日や納品日が決められている以上、スケジュールに合わせた制作進行を守らなければならないため、校正出しなどの期日前はどうしても残業が長時間に及ぶことが多くなります。

同様に、土日の完全週休2日制の会社であっても、休日出勤をせざるを得ないケースが生じることもあります。

これは会社側に強いられるというよりも、よりクオリティの高い制作物を作りたいというクリエイター側のこだわりによる部分が大半を占めています。

クライアントの希望通り、またはそれ以上の制作物を納めることが次の仕事につながり、自分が誇れる作品としても残っていくため、クリエイターは制作に全力を注ぐのです。

合計労働時間は決して長くない?

ひと昔前まではこのような過酷な労働条件が慢性的に続くことが多く業界全体として問題視されていましたが、近年ではかなり改善されてきました。

「ここぞ」という時には残業をせざるを得ない業界の特性を補うために、フレックスタイム制を設けていたり、長時間残業の翌日は勤務時間を短縮できるなどの決まりがある会社がほとんどです。

また、休日出勤があった場合はきちんと代休を取れるよう配慮している会社も増えています。

このようにメリハリのある働き方にむしろやりがいを感じ、やる気の元になっているというクリエイターも多く見られます。

勤務過多にならないよう注意が必要

勤務時間の融通で過酷さを和らげている広告業界ですが、現場監督的な役割であるアートディレクターはもっとも長い勤務体制になりがちです。

制作の進捗と時間の配分を考え、勤務過多にならないよう注意することも業務の1つであるといえるでしょう。