仕事体験談

大手企業であれば、多様な職種が経験できる

回答者 : LEONさん(女性/31歳)

職業名 : 専門商社 営業現在の状態 : 経験者経験年数 : 10年

仕事内容
都内に本社を構える大手メーカー系専門商社にて10年ほど法人営業として働きました。

商材としては、自社ブランドのハードウェアの他、ITソリューション企画提案型で、ソフトウェアや自社開発アプリなどの営業をしておりました。

アカウント営業として、顧客は日本の大手金融企業を担当し、商談は20万円程度から大きいと2億円と、とても幅広く扱っていました。
仕事のやりがい
商談も大規模となり、5000万円以上の商談となると、だいたい20名程度のチーム(PM、エンジニア、物流担当、企画)を作り、そのリーダーとしてプロジェクトを任されます。

コンペにおいてのRFP回答を徹夜で資料作成し、コンペに勝って「受注」をしたときには、まず全員で達成感です。

その後、切磋琢磨し、色々なトラブルを取りこえ、「納品」をしたときには、チーム全員で声をあげて喜びます。

お客さまからの「ありがとう」「助かった」という声と、社内チームメンバーからの「頼りになったよ」「よくリードくれたね」といった言葉は、とても辛く苦しかった日々を忘れさせてくれるものです。
覚悟しておいた方がいいこと
女性のメーカー系営業は、体力的にとても辛く、根性がいると思います。

メーカー系企業は、歴史が長いために、中年以上の先輩社員も多く、昔ながらのルールや文化を好む傾向にあります。

もちろんセクハラ・パワハラと捉えられることも、飲み会ではしばしば。(私はそのあたりは寛大でしたのであまり被害と感じていませんでしたが…)

飲み会も多い文化ですし、男性社員の営業が圧倒的に多いです。

昔ながらの「売ってこーい!!」という文化も抜け切れておらず、そんな環境の中でいかに女性が「自分らしさ」を売りにして、のびのびと働く環境を自ら築いていけるか、ということが、活躍できるかできないかの分かれ目だと思います。
給料・待遇
入社当初は新卒で手取り毎月17万円ほどでした。

ボーナスは年間約50万円ほど。

大手で安定していましたが、そのぶん急激に給料があがることはありません。

3年間ほど、学生時代より貧乏だと感じることさへありました。

5年目に昇進試験に合格し、その時で年収500万円ほど。

徐々に昇級し、退職した10年目でやっと700万円ほどでした。
この職業の恋愛・結婚事情
安定しており、将来に心配がないと感じるためか、「男性」は比較的結婚が早いです。

20代で結婚される方が多いと思います。

一方で、どういう理由からか、「女性」は逆に結婚が遅い印象を受けます。

もちろん早い方は早いのですが、30代後半、40代以上でも独身女性が多いです。

社内恋愛もあります。

同期同士や先輩後輩で何組か結婚しました。
この職業を目指す人へのメッセージ
将来安定を求めるなら、大手メーカー系商社やメーカー企業は良いと思います。

若い時の苦労は、年功序列の企業であれば、ある程度は報われます。

ご自分の努力次第でもありますが。

ですが、若い時の飛躍的な成長や高収入は見込めず、さらに女性営業にはある意味辛いことも多い環境なのかな、とも思います。

ですが、大手企業であれば、異動先はたくさんありますし、多様な職種も経験できると思いますので、転職せずに定年まで安定して働きたい、という方であれば、検討してみるのが良いと思います。