プロジェクトマネージャーの給料・年収

プロジェクトマネージャーの平均年収・月収

プロジェクトマネージャーの平均年収は、IT系のエンジニアの中でも特に高いほうに位置します。

平成27年の経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」によれば、プロジェクトマネージャーの平均年収は891.5万円です。

これは平均的な数字である600万円前後を大きく上回っています。

プロジェクトマネージャーやコンサルタントのような管理職を求める企業が増えており、そのために給与や待遇が向上しています。

プロジェクトマネージャーは正社員としての採用が多く、月収だけでなく賞与も安定していることや、必要とする企業に大手が多いことも好待遇の理由です。

給料が高いこともあって、プロジェクトマネージャーはIT技術者の中でも人気の高い職種となっています。

プロジェクトマネージャーの職場別の給料・年収

プロジェクトマネージャーの平均的な年収は非常に高く、大手企業で大型プロジェクトを動かすようなプロジェクトマネージャーなら1000万円を超えることもあります。

逆に、規模の小さな企業の場合、数人で行うプロジェクトの管理が主な担当なら500万円前後ということもあります。

一般的に、システム関連企業よりもWeb系の企業では給料が安い傾向があり、同じ「プロジェクトマネージャー」の肩書きを持っていても年収が数百万円違うことも老いです。

プロジェクトマネージャーという名称だけでなく、職場の規模や案件規模、仕事内容などをよく確認しておかないと、思ったような待遇にならない場合もありますので注意しましょう。

プロジェクトマネージャーの雇用形態別の平均給料・年収

一般的にプロジェクトマネージャーは正社員で採用されます。

正社員のプロジェクトマネージャーであれば、700~1000万円ほどの年収になる場合が多いです。

ただし、「プロジェクトマネージャー候補」としての採用が多く、この時期は500~750万円ほどでの求人が行われています。

派遣社員として働く場合は、小規模な案件が多く、時給で2500~3500円ほどです。

そのため、他のエンジニア職と給与面で大きな差はありません。

フリーランスでプロジェクトマネジメントの仕事をする人の場合、実力や案件規模によって収入が大きく変動します。

フリーランス向けの案件紹介サイトなどの情報をもとに推測すると、ある程度定期的に仕事が入ってきた場合で、450~1000万円ほどになりそうです。

プロジェクトマネージャーの待遇の特徴

プロジェクトマネージャーは、替えがなかなかきかないため、厚待遇で迎える企業が多くなっています。

プロジェクト上の問題がなければ定時で帰れる場合も多いですし、残業手当や職種手当がしっかりつく企業も多いです。

また、自分でスケジュールを組むことができる仕事なので、長期休暇などもタイミングをみて取得できます。

業務スケジュールを組みやすいようフレックスタイム制にしている企業も多く、仕事において権限や自由度が大きいのが特徴です。

一方で、関係者との打ち合わせや会議なども多く、あまり自由を感じられない職場もあります。

プロジェクトマネージャーの仕事量や裁量は会社によって大きく違うため、就職前に情報収集をしておくとよいでしょう。