プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの違い

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの仕事内容の違い

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーは混同されやすいですが、本来は役割や業務内容が違います。

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトの管理業務が主体です。

一方、プロジェクトリーダーは、プロジェクトを遂行する現場の中で他エンジニアたちと一緒に仕事をする代表者です。

プロジェクトリーダーは、現場の代表としてプロジェクトマネージャーへの相談や報告を行ったり、現場に細かな業務の指示を行ったります。

しかし、小規模な開発プロジェクトの場合、両方の役割を1人の人が担っていることが多く、その場合は「プロジェクトマネージャー」と呼ばれることが多く、混同される原因になっています。

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーになるための方法

プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーになるためには、しっかりとITについて勉強し、システム開発の経験を積むことが必要です。

一般的には、社内で実績を積んで昇格するか、もしくは学習と実務経験を重ね、プロジェクト管理の関連資格を取得して転職します。

IT関連の企業では、SEやプログラマーとして成長するとプロジェクトリーダーを任されるようになり、リーダー経験を積んでプロジェクトマネージャーにステップアップします。

この場合、IT関連の知識は当然として、コミュニケーションスキルやビジネス感覚が求められるのが特徴です。

プロジェクトのQCD(品質・コスト・納期)を保ちつつ、よりよい開発現場を作るためのチームマネジメントを行っていく必要があります。

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの資格・必要なスキルの違い

プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーになるために、必須の資格はありません。

プロジェクトリーダーは業務に必要な知識があり、またコミュニケーションやチームビルディングが上手であることが求められます。

しかし、プロジェクトマネージャーになると、システム開発を俯瞰し、社内外のさまざまな関係者や環境、ルールにも注意を向ける必要があります。

システム開発だけでなく、予算や人員、作業環境などを社内外から調整し、顧客のニーズに沿った開発を推進しなければなりません。

そのため、プロジェクトマネジメントの知識や手法について体系的に学習できる「プロジェクトマネージャ」や「PMP」などの資格取得を目指して勉強しておくとよいでしょう。

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの学校・学費の違い

プロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーには必須の学歴はありません。

マネジメントは経営学や心理学といった文系の要素もあるため、文系出身のエンジニアからプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーになる人も少なくありません。

高卒からでも、経験を積めばプロジェクトマネージャーやプロジェクトリーダーを目指すことはできます。

しかし、大規模な案件に関わりたい場合は、規模の大きな開発案件を請け負うSIerやITベンダーに就職するのが近道で、そのためには大学や高専、専門学校などで学んでおいた方が有利です。

情報系の学校では、毎年70~150万円ほどの学費が必要ですが、個人では調達が難しい設備のもとで情報システムについて広く学ぶことができます。

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーの給料・待遇の違い

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトリーダーの上位の職種であるため、給料も職種のレベルに沿った水準になっています。

平成29年の経済産業省「IT関連産業の給与等に関する実態調査結果」では、プロジェクトマネージャーの平均的な年収は891.5万円です。

プロジェクトリーダーについての記載はないものの、一般的なSE・プログラマーが600万円弱であるため、この両者の中間である700~800万円程度と推測されます。

どちらの職種だとしても、業界や案件規模などによって収入には多少のバラツキが見られます。

待遇面はどちらも同じで、さまざまな休暇制度や福利厚生が利用可能ですが、実際に使えるかは企業の雰囲気や業務の忙しさに依存する部分が大きいです。

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーはどっちがおすすめ?

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダーは基本的に同系統の職種です。

適性が十分なら、上位のプロジェクトマネージャーに昇格した方がやりがいが大きくなるでしょう。

プロジェクトマネージャーは、基本的に社外の管理業務が主になるため、さまざまな関係者と正確にコミュニケーションできることが求められます。

多くの人と接したい、全体を俯瞰してマネジメントをしたいという人はプロジェクトマネージャーがおすすめです。

あまり周囲に気を遣わず、現場で仲間たちとともに技術を振るっていきたいという人はプロジェクトリーダーがよいでしょう。

技術力や提案力がある人なら、プロジェクトマネージャーの右腕として重宝されます。