プロジェクトマネージャーのやりがい・楽しさ・魅力

プロジェクトマネージャーのやりがい・楽しさ

システム開発全体を見渡す仕事ができる

プロジェクトマネージャーの仕事は、システム開発の全体をマネジメントすることです。

一般的なエンジニアは基本的に任された部分の業務を行うのみで、プロジェクトマネージャーのように開発業務全体に関わることはありません。

システム全体をはじめから終わりまでしっかりと管理することで、作られたシステムを隅々まで理解できますし、製品に愛着もわいてきます。

多くの人と仕事ができる

プロジェクトマネージャーは社内外の多くの人と一緒に仕事をする立場です。

過去に一緒に仕事をした人と、また別の案件で一緒になることもあります。

多くの人を管理することは大変ですが、よい関係や仕事ができていたなら、戦友たちと再会することでモチベーションも高まります。

多くの人との関わりの中で、他者の成長や、自分の成長を感じることができます。

自分が開発したシステムが世に出て行く

開発全体に関わったシステムがリリースされ、実際に利用されるようになるのがプロジェクトマネージャーの大きなやりがいです。

顧客との接点も多いため、システムを通して顧客や社会に貢献しているという実感もわきます。

ひとつのプロジェクトをやりとげた達成感や、次も頑張ろうと新たな決心がわきあがるという人も多いです。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーの魅力

大きな責任と権限が与えられる

プロジェクトの責任者として大きな責任と権限が与えられることはプロジェクトマネージャーの大きな魅力です。

人員やスケジュール、予算配分の決定権や、トラブル時の対応を決めることができるようになります。

責任は大きいですが、与えられた権限をどのように使うかでプロジェクトの進捗や品質への影響も大きいです。

業務を通し、自分の実力やチームの成長を強く実感することができるでしょう。

給料がよい

プロジェクトマネージャーは、高度なITスキルとマネジメントスキル、ビジネススキルを要求される職種です。

その分、一般的なエンジニアの水準よりも給料はずっと高めの水準で設定されており、多くのエンジニアがプロジェクトマネージャーを目指す一因となっています。

また、プロジェクト管理の中で大きな問題が発生しなければ、それほど忙しくならないのも特徴的です。

本人の実力や現場の環境によっては、非常に効率よく働くことができるのもプロジェクトマネージャーの魅力です。

最新のシステム開発手法に取り組める

プロジェクトマネージャーには、常に最新のシステム開発手法を取り入れて現場を効率的に動かすことも求められます。

現場で扱う技術についても勉強が必要ですし、何より効率のよい開発手法やマネジメント方法の研究に忙しくなります。

しかし、技術者出身の人がほとんどであるため、最新の手法や技術について考えたり、触れたりすることを喜びに感じる人も少なくありません。