プロジェクトマネージャー需要・現状と将来性

プロジェクトマネージャーの現状

多くの業界でITによる商品開発や経営管理が必須となりつつあるため、優秀なプロジェクトマネージャーの存在は企業の事業活動に大きな影響を与えます。

事業の発展のため、プロジェクトマネージャーの採用や養成に力を入れる企業も増加傾向です。

プロジェクトマネージャーは高い求人状況から、正社員で採用するケースが大多数ですが、労働時間などの条件が固定しやすい派遣社員として勤める人もいます。

SIerやITコンサルティング会社などでは、特に大規模な開発案件をマネジメントできるプロジェクトマネージャーを育てるため、研修や資格取得に力を入れています。

こうした中でプロジェクトマネージャーの求人は多く、一般的なエンジニアよりも待遇もよいこともあり、人気が高まっています。

プロジェクトマネージャーの需要

業界を問わず、自社でシステム開発を行う企業が増えていることもあり、プロジェクトマネージャーの需要は高く、今後もこの傾向は続くと予想されます。

プロジェクト管理業務に絞れば、どのような分野のシステム開発にも対応することができるため、さまざまな業種で活躍することが可能です。

数人でのプロジェクトを統括しつつ、自らも開発に参加することが求められるような場合は、ネットワークやWebシステムなど専門分野を問われることもあります。

プロジェクトマネージャーは高い需要から給与水準、待遇ともに高くなっていますが、見込み残業時間が最初から設定されている場合も多いです。

派遣会社でもプロジェクトマネージャーとしての派遣はよい条件での仕事が多く働きやすいです。

どの現場でも、プロジェクトマネージャー経験者は高いスキルをもったIT人材として重宝されるでしょう。

プロジェクトマネージャーの将来性

プロジェクトマネージャーは、高い需要が続いており、この傾向はしばらく続く見込みです。

しかし、そんなプロジェクトマネージャーだとしても、最新のマネジメント手法を身につけていかなければ淘汰が起こるでしょう。

たとえばシステム開発分野では、従来のウォーターフォール式の開発モデルではなく、アジャイル式の開発が一般的になりつつあります。

プロジェクト管理のためのツールや手法も新しいものがどんどん出ており、上手に使いこなすことがマネジメントの質にも直結しています。

今後はAIによるサポートツールも増えると予想されますが、最終的な判断と責任はプロジェクトマネージャーが担うことは変わらないため、知識と判断力を磨くことが大切です。

プロジェクトマネージャーには、こうした環境の変化に対応し、企業の競争優位を作り出すことが求められています。

プロジェクトマネージャーの今後の活躍の場

プロジェクトマネージャーは、IT業界にとどまらず、さまざまな業界・業種への活躍が期待されています。

企業には、デジタル化によって新しいビジネスの形や価値を創造するDX(デジタルトランスフォーメーション)が求められており、その推進にプロジェクトマネージャーは必要不可欠だからです。

また、さまざまなエンジニアを統括し、プロジェクトの最初から最後までをまとめる実力があれば、経営幹部としての素養も十分です。

そのため、プロジェクト管理だけでなく、企業の情報システム部の部長やCIOといった幹部職への昇進なども期待されます。

独立して事業を立ち上げたり、ITコンサルタントとして活躍したりする人もいるでしょう。

プロジェクトマネージャー経験者は、高いIT知識とビジネススキルで、ビジネスのあらゆる場面で活躍が期待できます。