プロジェクトマネージャーの仕事とは? わかりやすく仕事内容を紹介

プロジェクトマネージャーの仕事とは

IT業界におけるプロジェクトマネージャーとは、システム開発全体を管理する仕事です。

プロジェクトの管理では、プロジェクトのスケジュール管理だけでなく、作業範囲や人員や予算などプロジェクトそのものの管理も含みます。

上流工程・下流工程を問わず、適切な作業・スケジュールの管理を行う立場であり、そのためにシステム開発に関係するさまざまな業務経験が必要です。

プロジェクトマネージャーは現場だけでなく、取引先や協力会社など社内外の調整を行うことも多く、ひとつの案件の幅広い関係者をプロジェクトチームとしてまとめることも求められます。

IT知識だけでなく、マネジメント技術やコミュニケーション能力など幅広いビジネススキルを必要とするプロジェクトマネージャーは、多くのエンジニアたちの目標となっています。

プロジェクトマネージャーの業務の内容

プロジェクトの計画

プロジェクトマネージャーは、システムの設計の担当者とともに顧客へのヒアリングを行います。

ヒアリング内容をもとに、現実的に達成可能な企画案や予算案、スケジュール案を作るためには知識と経験が必要です。

プロジェクトチームの作成

計画ができたら、その実現に向けたプロジェクトチームを編成します。

社内のスタッフで手が足りない場合は、サポート会社や派遣会社などを用いて、社外からも人員を調達します。

納期計画の遅れを作らないよう、必要なスキルを見極めたり、各チームのリーダーを決定したりすることも大事な仕事です。

プロジェクトの管理

プロジェクトがスタートしたら、計画通りにスムーズにプロジェクトが進行しているかを随時、または会議などを通しチェックします。

規模が大きくなるほど、すべてが計画通りに進むことは難しくなり、計画の遅延や変更に伴ったさまざまな調整が発生するものです。

変わり続ける状況に合わせ、プロジェクトマネージャーが適切な答えを探し調整できるか否かは進捗に大きな影響を与えます。

評価と改善

プロジェクトが終わり、納品ができたとしても終わりではありません。

プロジェクトの計画や実行プロセスの問題点などを評価し、その後の改善につなげていきます。

評価や改善案は、企業のノウハウとして残るため、優秀なプロジェクトマネージャーがいるほど企業のプロジェクト管理能力が高まります。

プロジェクトマネージャーの役割

プロジェクトマネージャーはシステム開発の専門家であり、また設計から開発において無駄なくプロジェクトを進行させるために欠かせない役割です。

システム開発に必要な予算規模や必要な作業環境、人員数、必要スキルなどを適切に見積もって、準備することは高度な知識と経験がなくてはなりません。

また、システム開発案件は大規模なものになれば、数百人の人が関わることもあり、進捗状況や問題、遅延の把握が難しくなります。

そのような環境下で、システムのQCD(品質・予算・納期)を守ることがプロジェクトマネージャーの役割です。

プロジェクトマネージャーの活躍なしには、大規模なシステム、重要なシステムの開発は難しいといってもよいでしょう。

プロジェクトマネージャーの勤務先の種類

プロジェクトマネージャーはシステム開発を担うSIerなどの企業に属するのが一般的です。

また、ITコンサルティング会社などで活躍する場合もあり、現場のコンサルティングだけでなくシステム開発の管理を代行サポートする場合もあります。

ただし、プロジェクト管理の専業ではなく、エンジニア職と兼務する形でプロジェクトマネージャー業務を行う職場も多いです。

このようなケースを含めると、比較的規模の小さなソフトウェアハウスやWebサービス開発企業などさまざまな組織でプロジェクトマネージャーは働いています。

プロジェクトマネージャーは案件規模が大きく、複雑で重要度が高いほど業務の責任も重く、報酬も高いのが一般的です。

そのため、勤務先の規模や事業内容が収入や待遇に与える影響が小さくありません。

プロジェクトマネージャーの仕事の流れ

ヒアリング

顧客からシステム開発に関する要望や、必要とされる機能、希望する予算などを細かくヒアリングします。

プロジェクト設計

ヒアリング内容をもとに、プロジェクトの詳細な内容を検討し、社外向けの企画書や内部向けの各種書類を作成します。

チーム編成

正式な発注が出たら、プロジェクトを推進するためのチームを編成します。

社内外から人員を集めてチームを編成し、仕事のための環境を整えてスケジュール通りに作業が開始できるように調整します。

プロジェクト管理

システム開発がスタートしたら、定期的に進捗会議を行って状況や問題点をチェックします。

また、開発が始まってから顧客から追加の要望や要件の変更を求められた場合、実現可能性やスケジュールへの影響などを考慮して可否を判断し、関係者に連絡します。

さまざまな状況によって当初のスケジュールでの進行が難しいと予想される場合は、早めに変更して影響を最小限にします。

システム納品

システム開発作業が終わり、納品できればプロジェクトとしては終わりです。

プロジェクト評価・改善

プロジェクト全体を振り返り、評価と同様の案件が出た場合に向けての改善案を作成します。

プロジェクトマネージャーと関連した職業

プロジェクトマネージャーとプロジェクトリーダー

プロジェクトマネージャーと似た職種に、プロジェクトリーダーという職種があります。

プロジェクトリーダーは、主にプロジェクトを進行する現場において管理を行う役割です。

規模の大きなプロジェクトでは、1人のプロジェクトマネージャーの下にプロジェクトリーダーが複数人つく形でプロジェクトが進行します。

プロジェクトマネージャーとSE

SE(システムエンジニア)としての知識や技術を磨き、大きな開発案件をマネジメントできるようになった人がプロジェクトマネージャーです。

そのため、プロジェクトマネージャーもSEに含まれます。

ただし、現場で開発や設計に従事するSEと違い、案件全体のマネジメントに携わり、責任を背負う立場である点が違います。

システムエンジニアの仕事