ITアーキテクトの年収はいくら? 給料についてくわしく解説

ITアーキテクトの平均年収・給料の統計データ

ITアーキテクトの平均年収・月収・ボーナス

IT産業の給与等に関する実態調査結果

2017年の経済産業省の「IT産業の給与等に関する実態調査結果」によれば、ITアーキテクトの平均年収は778.2万円となっています。

これはIT系のエンジニア職の中でも高めの水準です。

一般的にITアーキテクト職は、ITSS(ITスキル標準)のレベル4以上の高レベルのエンジニアが想定されています。

そのため、高スキルの技術者が多く、平均年収も高くなっていることがうかがえます。

出典:経済産業省「IT産業の給与等に関する実態調査結果」

求人サービス各社の統計データ

職業・出典 平均年収 年収詳細
ITアーキテクト
(求人ボックス)
642万円 未経験 462万円
男性 549万円
40代 699万円
シニア 751万円
新卒 525万円
アーキテクト
(Indeed)
703万円 時給 2,622円
月給 35.9万円

求人サービス各社のデータからは、幅広い層のITアーキテクトに対する求人が行われている実態がわかります。

未経験や新卒に対しても募集があり、一般的な職種よりも給与の平均水準は高いようです。

ただし、未経験や新卒の場合、「ITアーキテクト(候補)」として求人されていることが多く、当初はアシスタントや一般的なSEと同じような業務から始まるため、給与もSEに近い水準です。

40代やシニアといった、経験を積んだエンジニアは700万円以上の年収で求人が行われています。

未経験や新卒による平均値の押し下げがないと考えた場合、ITアーキテクトの平均年収は700万円以上と考えることができそうです。

ITアーキテクトの手取りの平均月収・年収・ボーナスは

ITアーキテクトの平均年収を700万円とし、夏・冬にボーナスが2カ月ずつ支給されたと考えてみます。

「手取り額=支給額-社会保険料-源泉徴収額(所得税)」となりますので、額面支給額と実際の手取額は以下のようになります。

額面 手取り
平均月収 437,500円 360,000円
ボーナス(2ヶ月分) 875,000円 720,000円
年収 7,200,000円 5,241,600円

手取りは家族構成や前年度の所得状況など、個人のさまざまな状況によって変わりますのであくまで参考程度に考えてください。

ITアーキテクトの初任給はどれくらい?

ITアーキテクトは基本的に高度なスキルをもったエンジニアでなければ務まらない職種です。

そのため、新卒入社でITアーキテクトとして入社することはなく、ほとんどはITアーキテクト候補としてアシスタント業務やSEとしての業務を行いながら経験を積みます。

そのため、初任給もSEに準じたものが多く、会社規模や業務内容によって400万円~550万円程度の幅があります。

多くの職種よりも高めの水準になっていますが、一人前のITアーキテクトになるまでには時間が必要です。

ITアーキテクトの福利厚生の特徴は?

ITアーキテクトの福利厚生は、企業によってさまざまですが、通勤手当や残業手当などの支給がしっかり行われる企業が多いです。

休日は土日祝日とカレンダー通りで、フレックスタイム制を採用している企業もあります。

保険は健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険と一通り加入するのが一般的です。

また、地域によっては寮や社宅を提供してくれる企業もあります。

その他、持株制度や財形貯蓄制度などがある企業も多く、会社で託児所を儲けている企業も出てきています。

優秀なITアーキテクト人材を確保するために、環境の整備に力を入れている企業が多いようです。

20代で正社員への就職・転職

20代で正社員への就職を目指す(PR)

「Re就活エージェント」は、第二新卒・既卒・フリーター・ニート向けサービス。20代未経験OKの求人が多数。

20代登録比率No.1

ITアーキテクトの給料・年収の特徴

スキルに見合った高水準の報酬

ITアーキテクトの職場はITコンサルティング会社や大手SIerが多いです。

企業規模が大きな企業が多いこともあり、年収も高めの水準になっています。

求人サイトや人材会社の求人では、1000万円を超えるケースもありますし、最初から幹部職候補として採用されるケースも少なくありません。

また、あくまで求人の時点での報酬であり、企業にしっかりフィットして実力を発揮できれば、給与がさらに高くなるケースもあります。

残業が発生するケースもありますが、手当がしっかり支給されるため、働いた分だけ給与は高くなります。

業務内容や就職先で大きく異なる

ITアーキテクトの給与水準は高いですが、「ITアーキテクト」という職種名で、業務内容が一般的なSEとほとんど変わらないケースでは、年収が400~600万円ほどの求人も多く見られます。

また、IT企業ではなく一般の事業会社でITアーキテクトを募集するケースでは、情報システム部の中でインフラ設計の担当者として採用される場合が多く、その企業の社内SEの待遇に準じます。

こうした企業の場合、高いスキルレベルを求められませんが、一方でITアーキテクトのイメージほどの給与にならない場合も多いため、よく確認しておきましょう。

ITアーキテクトの勤務先別の給料・年収

大手SIerやITコンサルティング企業

大手のSIerやITコンサルティング企業のITアーキテクトは高い給与水準になっています。

こうした企業では、年収750万円以上の求人が多くなっており、中には最初から1000万円を超える求人案件もあります。

その分、スキルや実績に求められる水準も高く、業務では大規模案件の上流設計やプロジェクトリーダーを任されることになるため実力が必要です。

IT系企業

中小規模のIT系企業でITアーキテクトを募集する場合、年収は650~700万円前後が多くみられます。

企業の行っている業務により、基幹システムの設計や、業務用アプリケーションのバックエンド設計・プロジェクト管理など、求められるスキルの種類やレベルはさまざまです。

勤務地や福利厚生にバラツキがあるため、給与額だけで決定しないように注意が必要です。

一般企業

一般企業におけるITアーキテクトは、社内の給与水準に基づいた評価と給与になるケースが多いです。

業務内容も、情報システム部としての業務の場合や、技術営業の業務になることが多く、ITアーキテクトとしての専門性が強く出るケースは多くありません。

年齢や役職、企業規模によって、給与も400~700万円ほどに幅が大きくなります。

プロコーチとキャリアに向き合う(PR)

キャリアに対して悩んでいるビジネスパーソンに対して、ZaPASSのビジネス経験豊富なコーチが伴走支援するキャリアコーチングサービスです。日々の内省習慣化や目標を立てた後の行動習慣化までコミット!

いまなら体験コーチング無料!

ITアーキテクトが所属する代表的な企業の年収

会社名 平均年収 平均年齢
NTTデータ 828万円 38.7歳
インターネットイニシアティブ 669万円 37.6歳
TIS 681万円 39.7歳

出典:2020年現在(各社有価証券報告書より)

ITアーキテクトの正社員以外の給料・年収

派遣社員

派遣社員のITアーキテクトでは、時給をもとにして月給や年収を考えます。

案件によって時給は1500円~5000円と非常に幅があり、業務内容もさまざまです。

この時給で1日8時間、月に20日稼働した場合、月給は24万円~80万円となります。年収に換算すると288万円~960万円です。

ただし、契約期間が限られているために雇用が不安定になることや、福利厚生面で正社員と比較して劣ることに注意が必要です。

アルバイト

アルバイトでITアーキテクトが募集されることはほとんどありません。

現職のITアーキテクトが、個人の都合などで一時的に職種変更し、短時間勤務になるケースでアルバイトになる場合はあります。

アルバイトの場合は、個人のスキルや業務内容によって年収もさまざまです。

派遣業務と大きく業務内容は変わらないため、給与も時給1500円~5000円程度の水準になると考えられます。

フリーランス

フリーランスでITアーキテクトが募集される場合は、業務を請け負って開発案件のメンバーやリーダーとして参加します。

報酬はさまざまな経費込みで月額50~100万円ほどになり、請け負っている業務の完成によって契約が終了する場合がほとんどです。

年収は開発期間によっても左右されますが、400万円~1200万円ほどと予想されます。

ITアーキテクトが収入を上げるためには?

ITアーキテクトが収入を上げるためには、「スキルアップ」と「転職」の方向性があります。

スキルアップでは、「大規模案件を担当できる」「開発案件を短期間で完結させる」といった方向で、売上を伸ばせるITアーキテクトになることが必要です。

もしくはマネジメントを磨き、社内で幹部職に昇進するといったキャリアが想定されます。

ITアーキテクトは職場の規模や事業内容が収入に大きく影響するため、よりよい条件を求めて転職するのもひとつの方法です。

特に、最先端のAIやクラウドを用いたシステム基盤の構築は需要が高く、高い報酬が見込めますので、十分なスキルがあるなら転職による収入アップが期待できます。