女性のプロジェクトマネージャーのキャリアパス・結婚後の生活

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});

女性のプロジェクトマネージャーの現状

プロジェクトマネージャーは業務のために経験が必要なことから、平均して勤務年数の長い男性が多い職種です。

しかし、女性の社会進出が進み、またシステム開発などのエンジニア職につく女性も増えつつあることで、女性プロジェクトマネージャーも増えつつあります。

女性のプロジェクトマネージャーは、顧客や現場の技術者といった関係者とのコミュニケーションが細やかな場合が多く、評判もよいです。

Web系のシステム開発や女性向けの商品開発など、女性が活躍する分野では特に女性プロジェクトマネージャーが強く求められています。

就職では、性別を指定した求人はありませんので、企業の採用情報や雰囲気などを確認し、女性が活躍できそうな職場を選ぶとよいでしょう。

女性のプロジェクトマネージャーの強み・弱み

女性のプロジェクトマネージャーのよいところは、男性よりも気配り上手で、かつ慎重な人が多いところです。

男性は体力的に無理が利き、また他人にも無理を求める傾向がありますが、女性は無理が利かない分、スケジューリングや管理が細やかで現場が楽になります。

また、女性がいることで現場の雰囲気も柔和になり、チームの雰囲気が落ち着くといったメリットもあります。

一方で、うまくいかない場合は「女性だから」という本質的でない部分で批判されることもあり、それがつらく感じる人も多いものです。

本人の実力も求められますが、男性と比べて職場の雰囲気や、周囲との人間関係が仕事に与える影響が大きい点に注意しましょう。

プロジェクトマネージャーの結婚後の働き方・雇用形態

結婚・子育てとの両立も十分可能

一人前のプロジェクトマネージャーとして活躍できるスキルがあれば、多くの企業が結婚後も継続して働けるよう配慮してくれます。

正社員なら休職・復職に関する条件を整えてくれたり、一時的に雇用契約を変更してくれたりと、働きやすい状況を作ってもらえることも多いです。

産前産後の休暇や、育児休暇などを整備し、女性が続けて働ける環境づくりに取り組んでいる企業も増えています。

プロジェクト管理は顧客との打ち合わせを除けばオンラインでも基本的に可能なため、テレワークやフレックスタイム制などが認められている企業なら、子育てしながらでも働きやすいです。

ワークライフバランスを重視するなら、仕事上の工夫や会社の理解が必要

プロジェクトマネージャーは勤務時間も比較的安定しやすいため、ワークライフバランスも整えやすい仕事だといえます。

しかし、トラブル発生時は責任者として対応しなくてはならないため、体力や生活との両立が大変です。

そのため、案件のメインの担当かサブの担当にするかを検討したり、一度に受け持つ案件数を考えたりといった工夫も必要になります。

これらには、職場の理解も求められるため、結婚後も働きやすい職場の雰囲気があるか、よく確認しましょう。

プロジェクトマネージャーは女性が一生働ける仕事?

プロジェクトマネージャーは男女差も少なく、高待遇で、勤務時間も比較的安定しているため、女性にとって働きやすい仕事です。

さまざまな業界で求められており、需要が安定しているのも大きな魅力です。

プロジェクトマネジメントの手法やツールは、その時の技術的な流行によって変わるため、常にキャッチアップする努力が必要です。

そのため、プロジェクトマネージャーを一生続けるなら、できるだけ現場を離れないことや、仕事のための学習を続けることも求められます。

プロジェクトマネージャーに求められる知識・技術やビジネススキルは非常に高レベルなため、プロジェクトマネージャーが難しくなっても、さまざまな仕事で活躍できるでしょう。