プロジェクトマネージャーの勤務時間・休日

プロジェクトマネージャーの勤務時間

プロジェクトマネージャーの基本的な勤務時間は、一般的なサラリーマンと同様に9:00~18:00です。

企業によって遅めの出勤時間が設定されていたり、フレックスタイム制が採用されていたりする場合もあります。

プロジェクトマネージャーは多くの関係者との打ち合わせがあるため、外回りも多く、直行・直帰が認められるケースも多いです。

プロジェクト管理業務では、プロジェクトの企画や設計の段階で多くの調整や書類作成が発生するため残業が多くなり、プロジェクトが始まってからの方が勤務時間が安定します。

トラブルを除けば、繁忙期のタイミングが比較的予想しやすいので休暇の取得タイミングなども調整しやすい職種ですが、休日や退社後も必要に応じて連絡が来るため気が抜けません。

プロジェクトマネージャーの休日

プロジェクトマネージャーはプロジェクトの責任者であるため、現場が休日に活動していれば連絡が来る可能性を頭に入れておかねばなりません。

休日の過ごし方に影響が出るケースは少ないですが、レジャー中も仕事用の携帯電話やパソコンが手放せない人も多いです。

トラブルがなければ、繁忙期は予測しやすいため、長期休暇は比較的取りやすくなっています。

ただし、プロジェクトの状況によっては夏休みや冬休みのタイミングがズレることも少なくありません。

プロジェクトマネージャーは正社員がほとんどで、会社の制度でも有給休暇や育児休暇などが充実していることが多く、休日出勤の場合は代休も取得できます。

プロジェクトマネージャーの残業時間

プロジェクトマネージャーは残業が生じることもあります。

特にプロジェクトの企画・設計の段階では、多くの打ち合わせや書類作成、調整業務が発生するため残業が多いです。

求人では、月の見込み残業時間が15~20時間になっている企業が多くなっています。

プロジェクトが始まり、順調に進捗していればプロジェクトマネージャーは定時に帰れる日が多くなるでしょう。

逆に進捗に問題があれば、連日の残業も覚悟する必要があります。

プロジェクトマネージャーに夜勤はある?

プロジェクトマネージャーの勤務体系には、シフトとしての夜勤はまずありません。

依頼主はもちろん、協力会社の多くも日中に活動する企業だからです。

しかし、プロジェクトにおけるトラブル対応や、システムの導入作業が夜中になるような場合は、夜間作業を前提とした出退勤の時間になることもあります。

夜間の作業が見込まれている場合は、前後の日に休暇を作って出勤時間を調整できる企業がほとんどです。

プロジェクトマネージャーは忙しい? 激務?

プロジェクトマネージャーは、自分でプロジェクトのスケジュールを調整することが可能なため、激務というほど忙しくなることは多くありません。

しかし、トラブルによってプロジェクトの進捗が遅れてしまい、同時に行っているプロジェクトの繁忙期と重なる場合は激務となります。

日中は打ち合わせに奔走し、残業で書類作成やトラブル対応に追われるといった生活になり、休日も出勤になる場合もあります。

仕事を持ち帰り、家で問題の解決策を検討している人も少なくありません。

プロジェクトマネージャーの休日の過ごし方

プロジェクトマネージャーは、プロジェクトが問題なく進んでいる状態なら休日も普通に楽しめます。

また、忙しくなるタイミングも予想がしやすいため、長期休暇やレジャーで遠出するタイミングも調整しやすいです。

普段からの進捗や状況のチェックができており、休日中に問題が生じる可能性が高いと判断したら休日は自宅で待機している人もいます。

プロジェクトの責任者である以上、休日でも対応するという使命感の強い人が多いです。

プロジェクトマネージャーの1日のスケジュール・生活スタイル