CTOの給料・年収

CTOの平均年収・月収

CTOの平均的な年収や月収についての確かな統計はまだありません。

そのため、インターネット上の情報を見てもさまざまな数字が飛び交っています。

2017年の経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果」では、IT人材の年収平均が示されていますが、最も高いITコンサルタントで928万円となっています。

CTOの役割はITコンサルタントに近く、また従業員ではなく役員という立場になることも多いため、平均値はITコンサルタントより高く、1000万円は下らないだろうと予想されます。

また、報酬の中にストックオプション(現金の代わりに企業の株式を取得できる権利)が含まれることも多く、より多くの収入が期待できるでしょう。

CTOの職場別の給料・年収

CTOの給料や年収は、会社規模が大きくなるほど高くなります。

これは、社内に抱える技術やエンジニアの数が多く、統括するのにそれだけの知識や技量が必要になるからです。

また、CTOの働きが企業の売上や利益に与える影響、金額も大きいため、多くの報酬が用意されます。

上場企業のCTOの報酬額は1000万円を超えるといわれており、海外の上場企業では平均3000万円以上とされることから外資系の企業ではそれに沿った水準と予想されます。

中小企業やスタートアップ企業では、1000万円に届かない企業も多いものの、ストックオプションによって株式を取得し、企業の成長によって大きな利益を得られるケースもあります。

CTOの待遇の特徴

CTOは非常に高い報酬が期待できますが、その待遇は必ずしもよいわけではありません。

役員という立場は個人事業主と同じような立場で、雇用契約ではなく委任契約となっています。

期待される成果を出すことができなければいつでも解約されるリスクがあり、雇用保険などもありません。

定時も存在しないため、必要なら早朝勤務や深夜残業、休日出勤も追加報酬なしで行わなければならないなど会社の従業員とは働き方が違います。

CTOの待遇は決して悪くありませんが、CTOの仕事は忙しく、難しく、プレッシャーも大きいため、CTOへの就任を断る人も多いです。

CTOを目指す人は、憧れや報酬だけで考えず、待遇や立場をしっかり理解しておきましょう。