プロジェクトマネージャーの求人状況

プロジェクトマネージャーの就職先にはどんなところがある?

プロジェクトマネージャーの主な就職先はシステム開発を担うSIerや製品の導入サポートを行うベンダー、ITコンサルティング会社などです。

しかし、自社開発のシステムを持つ企業が増えていることもあり、プロジェクトマネージャーの活躍する領域は業界・業種を問わなくなりつつあります。

プロジェクト管理のスキルは、ITのみならずさまざまな業界で活用できるため、管理職候補としての採用も多いです。

一般的にはITや機械の開発におけるプロジェクトマネージャーは採用する企業の規模も大きく、高待遇となります。

小さな企業やWeb制作分野のプロジェクトマネージャーの場合、動員する人数や案件規模が小さくなるため、やや待遇が劣ることが多いです。

プロジェクトマネージャーの求人の状況

プロジェクトマネージャーを募集する企業は非常に多くなっており、求人も多いです。

企業がプロジェクトマネージャーに求めるものはさまざまで、エンジニアとしての経験や技術を求める企業もあれば、営業力を求める企業もあります。

業界経験の有無は問わない場合が多いですが、特定分野の経験を重視する企業は明記しているケースが一般的です。

たとえば、海外の顧客や関係者が多い場合、円滑にコミュニケーションができる英語力を必須としています。

プロジェクトマネージャーは一般的な求人情報にも多く募集がありますが、高いスキルが求められるため、人材会社からの紹介も多いです。

プロジェクト管理用のツールを指定し、経験の有無を評価する企業も多くなっています。

フレックス制度や変形労働時間制の有無、見込み残業時間の量など、勤務時間に関する制度も企業によってさまざまですので、求人情報は詳細に確認する必要があります。

プロジェクトマネージャーの就職先の選び方

案件の規模は確認しておく

プロジェクトマネージャーの求人情報では、担当することになる案件の規模は公開されていないケースが多いです。

開発期間や予算観、動員人数など、プロジェクトの規模に関する情報は、面接や人材会社のエージェントなどを通じて入手しましょう。

案件規模は、給与や労働時間が適切かどうか判断するための重要な材料ですので、必ず確認しておきましょう。

できるだけ得意分野を選ぶ

プロジェクト管理のスキルは多くの業界・業種で役立つものですが、やはり得意な分野はあります。

システム開発の現場で培ってきたプロジェクト管理と、広告企画の分野のそれとはやはり異なる面も多々あるものです。

そのため、基本的には自分の得意な分野で就職先を選びましょう。

異なる業界・業種に挑戦する場合は、その分野への理解や関連性を問われるケースも多いため、しっかりと準備をしておくことが大切です。

求人している理由を確認する

プロジェクトマネージャーを募集している理由を理解することは実は就職時に非常に大切です。

事業を拡大していて、マネジメントができる人材を求めている成長企業であれば問題はありません。

しかし、先任のプロジェクトマネージャーが何らかの事情で退職しており、その後釜として急ぎ採用したいというケースがあります。

このような場合、すでに進捗は遅れており、メンバーのモチベーションも下がった状態が予想されます。

採用はされやすいですが、会社に慣れるだけでなく、プロジェクト内容やメンバーの把握なども急ぎ行う必要があり、実力を発揮できない可能性があるため注意が必要です。

プロジェクトマネージャーの志望動機・面接

プロジェクトマネージャーの志望動機では、プロジェクト管理業務に対する前向きな考えや、企業の事業内容に関するものを中心にとりあげます。

「大きなプロジェクトの担当を経験し、企業の経営に関わる管理職を目指したい」といった前向きな志望動機は、その後のキャリアもイメージしやすいので好印象です。

また「自分のスキルを生かすため、貴社のようにネットワークからハードウェア・ソフトウェアまで一貫して扱える現場で働きたい」など、企業の事業との相性をアピールするのもよいでしょう。

面接では、「前職ではあまり大きな案件に携われなかった」など、ネガティブな発言は避けた方が無難です。

プロジェクト管理やシステム開発の経験に関する質問には、できるだけ数字を使って具体的に回答するようにしましょう。

就職先はどのように探したらいい?

人材会社を使って探すのが一般的

プロジェクトマネージャーのように高度なスキルを持った人材の場合、就職先とのマッチングを精密に行える人材会社を使うケースが多いです。

人材会社では人材と企業の状況を細かに把握し、相性や希望条件を考慮したマッチングを行えるため、よい条件の企業をみつけやすいメリットがあります。

プロジェクトマネージャーは、業務量が安定している時期なら退社後にエージェントと相談もしやすく、利用しやすいのも利用される理由となっています。

紹介も実は多い職種

プロジェクトマネージャーは、業務の中で多くの人と接します。

一緒に仕事をしたことのある顧客や関係会社の人から声がかかって就職できるケースも多いです。

あるプロジェクトマネージャーの下で働いていたエンジニアが、そのマネージャーに見込まれ、プロジェクトマネージャー候補としてスカウトされることもあります。

未経験者は求人サイトが使いやすい

プロジェクトマネージャーは一般的な求人サイトでも多くの求人が出ています。

一般的な求人サイトの利点は、業界や業種を問わずに多くの案件があることです。

人材会社や紹介の場合は業界や業種が絞り込まれていますが、求人サイトは多くの業界・業種の企業から求人案件を探すことができます。

これからプロジェクト管理にチャレンジしたいという未経験者にも開かれた案件も多く見られます。